自称坂マスターkoba_ヒロの自転車で登らせていただきます

自転車で坂を登る、ただそれだけ、いろんな坂登らせていただきます。 冬はスノーボード、背中にボードかついで山に歩いて登りそして滑る、ただそれだけがたまらなく楽しい。こちらのブログはkoba_ヒロこと小林弘明が綴っています。

直江津集合

池田さん来店。

前日に連絡が来た池田さん。
『急遽休みが取れたので、沼田に行きます。』
当方が休みじゃなくて一緒には走れませんでしたが良いだろうなと思うルートを紹介。
走れる方なので坤六峠をみなかみから登り、片品村方面へ下る。120号を通って帰り寄りなよ。
そんな感じです。
以下のルート逆に通りなよ。照葉狭は今いいんじゃないかな。

20201021162213_ps-堪能してきたようで帰りに寄りました。
群馬県のぐんまちゃんチロルチョコをお土産に渡しました。

こちらの池田さんは直江津集合!知り合いでして。
他、西伊豆スカイラインオフ会でも会います。
今年は直江津集合!も中止だったので西伊豆は会えそうですね。
下りは寒かったそうです。薄いダウン来てました。
帰りは登利平の弁当買って沼田駅から輪行で帰宅。
また遊びに来てください。

池田さんのルートはこちらです。

2019『第13回直江津集合!最終日、上田市から直江津、船見公園』

8/24の話。
お疲れの三日目は遅くにスタート。ガーミンに火が入ったのが10時2分。
ここ数年、最終日のルートが同じなもので、まぁ間に合うでしょ、そんな感じでした。

DSC_2444DSC_2446DSC_2452






DSC_2449DSC_2455いつもの上田城跡地。

同じ六文銭。真田氏。
沼田市も六文銭。











DSC_2461DSC_2462DSC_2463






さぁ最終日、事故なく元気に。
18号をしばらく走り、千曲川サイクリングロードへ。ここを安全に走るのが3年目になる。
気楽に走れるのがいい。

50㎞地点でまた18号に乗る。良い天気で。しかもそんなに暑くない。
DSC_2464途中コンビに寄ったりで18号から117号線の飯山街道へ。
アップダウンが続く道だ。
どうも時間が忙しくなってきた。
いつものときわやでのランチが間に合うか?
まぁ急ぎました。






DSC_246514時過ぎに到着。何とか間に合ってか食べさせてくれたかで
チャーシューメンを。
そしてコーラ。旨かったね。汗を流すとラーメンが食べたくなるよ。

DSC_2466戸狩スキー場が見えるがこのスキー場の右側を登っていく。
最後の難関、関田峠。

どうも空が怪しい。各所で土砂降りになっているようだ。
去年は関田峠を越えて下り始めてからゴロゴロ、土砂降りの中下りました。

登るまでは持ってくれと思いながら登った。
この関田峠はきつい。ハルヒルを登っている感じです。ところどころ13%が登場する。
登り始めからだと15㎞くらいか。
標高320mから標高1070mまで登りこむ。
車は少なく時々忘れたころに通る。バイクもたまに通るくらい。まぁ安全な道かな。
DSC_2467DSC_2468DSC_2470DSC_2471






DSC_2472頂上から長野側は野沢温泉村方面。
そして登ってきた道が見える。
7年連続の関田峠。登った先の光ヶ原高原から日本海が見えるらしいが
未だ見たことない(笑)毎年雨かな。ただ登っている最中は降らずに下りだすと降るパターンが多い。
DSC_2473ずっと上り一辺倒だったガーミンの地図が変わった。
頂上が明確に出て下りも出る。
あともう少し登れば頂上。

DSC_2474DSC_2476やっと登り切った関田峠頂上。
冷えてきた。
30℃から頂上は17℃。
これは冷えるはずだ。
ここから下る。時間も少ない。










DSC_2477DSC_2478光ヶ原高原。
今年も日本海と佐渡は見えなかった。
一人ローディーと話をする。
先客が直江津目指して越えて来たそうだ。


かなりのスピードで降りて行った。途中停まっていたので手を振った。向こうも降り返した。
誰だか知らない人と話もできるのもローディーの特権だね。

雨が降ってきた。かなり。裾が破れたレインパンツを着込んで雨の中急ぐ。
もう時間がない。約束の時間は18時。さぁ。
DSC_2479DSC_248018号を横切り関川サイクリングロードへ。
雨が止んだ。レインを脱いでさらに急ぐ。




DSC_2481無事到着。
関田峠を越えてから毎年寄っているジェラートニーナは
今年は寄れなかった。
時間がなかった。
多分スタートが遅かったから。

船見公園到着は17時55分。ぎりぎり到着。
間に合ったよ。






DSC_2485パイオニアのmasaさんと。
今年も自転車できていない。
どうした?『自転車で来た人はすごいね!』と言われたよ。

DSC_2488DSC_2489DSC_2490DSC_2491




今年も知り合いがいっぱい集まった。
IMG_8868池田チームが多い(笑)
しかもなぜか浜松市経由だとか。




DSC_2493夕日は見られなかったが楽しかったよ。
事故もなく無事到着。念願の乗鞍岳ヒルクライムもしたし。



DSC_2497もちろんお約束の日本海タッチは忘れない。

『また直江津で!』

そんな一言で解散。
ここ直江津の船見公園でただ夕日を見るだけのオフ会。
約束事は太平洋にタッチしてから自転車で直江津の船見公園に集合日の
18時に集まるだけ。たったそれだけ。ルートも自由。
ルートは無限だ。
泊まろうが通しで来ようがルールはないようだ(笑)

もう来年のルート選びが楽しみだ。

2019『第13回直江津集合!二日目、乗鞍岳ヒルクライム、美ヶ原ヒルクライムから上田市』

8/23の話。
松本市のホテルで一泊してこの日の予定を考える。天気はイマイチで目的地の天気が怪しい。
しかし決断した。二年前は土砂降りで登れなかった乗鞍岳へ。
DSC_2403DSC_2405松本城。
ここから車で移動しました。
なんせ乗鞍岳に繋がる道が危険と判断したので。
トンネルがねぇ。かなり危険。

DSC_2416DSC_2417DSC_2412




DSC_2414
乗鞍岳の観光センター。
心配された雨はまだ降っていない。
この先から乗鞍岳ヒルクライムのスタート位置。
昨日の疲れもあるからサクッと1時間半くらいで登って下ろうと思っていたが
思ったほどペース上がらず。
STRAVAにでたNorikuraでは20.14km、1235m登って6%
タイムは2時間3分59秒。平均速度が9.7km/h
平均出力が192W。乗鞍に足跡残してやろうと思ったけど遅い足跡を残してしまった。また次回、全力で登れるときにと。
このコース斜度はたいしたことないけど前日の雨か、かなり水が流れていた。
レース前にp20191022ボコボコした道を舗装していた個所もある。
丸い棒状のパイプのところもあり。
この道は車が走れない道で走れるのは、バスとタクシー。
ゆえに精神的に安定して走れる。
風が強くて体は登るにつれ冷えていく。さすが高い山だ。
登っているのは自転車のみ。明後日が有名ヒルクライムレースの『乗鞍岳ヒルクライム』
観光センターでは準備が行われていた。
DSC_2425ゴールの駐車場はほとんど人がいなくて明後日の乗鞍岳ヒルクライムの
試走で登っているライダーだけでした。




DSC_2422乗鞍本宮。ここで旅の安全をお祈りして。






DSC_2420DSC_2421DSC_2423






DSC_2424標高2600m、気温は8℃と温度計に。
冷たい風が体感をさらに下げている。
乗鞍岳のトップは3026m。
昔スノーボードのバックカントリーで頂上まで歩いて登った。


DSC_2426DSC_2427岐阜県の看板。
これで岐阜県にも初タッチ。
今度岐阜側にも落ちていきたい。
しかしその先はこの日は通行止めだったそうです。



DSC_2428DSC_2429良い風景でした。
遠くの山がここより低かったです。



DSC_2430DSC_2431DSC_2432DSC_2433






DSC_2434DSC_2435DSC_2436DSC_2437






登ってきた道が見える、そんなヒルクライム。ここからダウンヒル。足元が結構悪いし
初めての道。ゆっくり下った。まだ雪が残っていた。

無事下って観光センターで蕎麦食べて冷えた体を温めた。


松本まで戻り浅間温泉へ。ここから美ヶ原ヒルクライムへ。
二年前にも寄ったローソンで補給してスタートしたのが17時10分過ぎ。
さっき乗鞍岳ヒルクライムして今度は美ヶ原ヒルクライム。ちょっと変態だよ。
スタートが標高665mここから標高1775mまで登り上げるわけだ、ざっと1000m登る。
今データ見るとトップまで16㎞。嫌になるよ。
STRAVAを見るとスタートから2.7㎞の平均勾配が11%。
18%なんてのもあって・・・登るの2回目だけど、きつい印象しかない。21世紀の森よりキツイ。
2.7㎞で26分かかっているよ。ほとんどダンシングで登っていた。
ケイデンスが33とかなっているし。
DSC_2438こちら美鈴湖。
まだ明るい。スタートから2.7㎞地点かな。



スタート時も20℃しかなかった気温が登るにつれ温度が下がるわけだ。
DSC_2439DSC_2440徐々に暗くなって・・・
遠くの町の灯が・・・
汗が冷えてきて風が吹くと寒い。

今回は美ヶ原ヒルクライムのゴールまではいかないことにしていた。なんせ街灯すらない道。
真っ暗。一人とぼとぼ登っていった。
DSC_2442DSC_2441スタートから16㎞地点。
ここを上田方面に落ちる。
この道は2年前にも通っている。
あまりの寒さで上下レインを着込む。
ここが12℃。寒いわけだよ。
この時ライトを外して照らしていたんだけど、このライトをガードレール向こうに落としてしまった。
焦ったね。崖下に落としたら多分下れなかった。引っかかって何とか拾えた。ラッキーだったよ。
その時のもう一つのショック。買ったばかりのレインウエア、パンツの中でシューズで切れてしまった。ビーっという音と共に・・・凄いがっかり。

暗闇の道をライトを最大に明るくして下った。舐めるように。
予約したホテルまで約37㎞でした。ほぼ下り基調で楽でした。明るいライトがやはり最高ですね。

DSC_24438時半頃到着でした。
昨日と同じように洗濯して乾かしてシャワー浴びて
市内の居酒屋で乾杯でした。


95㎞ほど走って2400mほど標高獲得。いやー登ったね。

2019『第13回直江津集合!初日、小田原から松本』

8/22の話。もうだいぶ前の話だね。

毎年参加している直江津集合!
ルールは簡単。太平洋から日本海の直江津、船見公園まで自転車で集合時間までに行けばいい。
そして夕日を見よう。ただそれだけ。当方は2012年から参加で8回目の参加。
毎年どこのルートを走ろうか?それを考えるだけでワクワクする冒険だ。

今回は2年前のルートをなぞろう。そして前回は雨のため登れなかった乗鞍岳を登ってみよう。

22日、23日、そして集合の25日を走る。
移動は前日の21日仕事終了から。

2019_08_22 naoetu 01上毛高原から新幹線で移動開始。贅沢な旅だ。
わざわざ高価な乗り物を乗り継いでスタート場所に移動だ。
休みくれれば沼田から自転車でも良いんだけど。

まずは東京へ。そして東京からこれまた東海道新幹線で小田原市まで。
到着は22時。近くのセブンイレブンで夕食買って就寝。
二年前は駅前で魚食べたけど時間が遅くなる。海の街に来てセブンイレブンも味気ないが・・・

2019_08_22 naoetu 02ホテルオレンジに宿泊。
じゃらんポイントがなぜか1000円付いたのでお得に3500円宿泊。
初日は230㎞ほど。なるべく早めに出発したい。
6時からじゃないとチェックアウトできないって。
無理言って5時半にチェックアウト。
ホテルの前で組み立てて出発。









2019_08_22 naoetu 032019_08_22 naoetu 042019_08_22 naoetu 052019_08_22 naoetu 06






まずは小田原城へ。初日は城から城へ。
2019_08_22 naoetu 072019_08_22 naoetu 08太平洋にタッチして。
さぁスタート。




1号線から走り始める。
2019_08_22 naoetu 09箱根駅伝のコースを登っていく。
左に曲がると芦ノ湖方面。駅伝はこのルート。
1号線から138号線へさらに登る。ここが約16㎞地点。
この道は狭い。左は木の葉や枝、砂がかなり多くて意外と暗かった。
このコースは2回目だから結構余裕があった。24㎞地点で左に長尾峠へ。
2019_08_22 naoetu 102019_08_22 naoetu 11DSC_2362芦ノ湖を左に見ながら
トップはトンネル。
車は全く通らなかった。



トンネルを越えると下り始める。27㎞地点、標高900mちょっと。ここから静岡県へ。
2019_08_22 naoetu 12下っていくと茶屋があったのかな。
美しき国、日本。の石碑。
石原慎太郎氏の文字だ。
この途中晴れていれば富士山が見えるはずなんだけど
この日は見えなかった。遠くでゴロゴロ聞こえた。
DSC_2368標高450mまで下り御殿場へ。
右の長尾峠から出てきて。左は乙女トンネルからの道。
そしてこれから後ろにさらに下る。

御殿場市40㎞地点、標高450mから山梨県との境まで57㎞、標高1100m。
この道が結構きつい。道が細いし車も多い。坂の登りに工事が多かった。自転車の登りの片側通行、嫌だったよ。
2019_08_22 naoetu 14DSC_2370山中湖到着。約60㎞地点。
今回は逆回りで。ちょっと距離が伸びた。

ガーミンはオフコースでした。


2019_08_22 naoetu 15
2020オリンピック、ロードバイクのコースを走りましたね。



2019_08_22 naoetu 16DSC_2374こっちの方面に富士山見えるはずなんだけど
この日の天気は曇り。見えませんでした。
まぁ、雨より全然いいけど。



2019_08_22 naoetu 172019_08_22 naoetu 1870㎞地点かな富士吉田道の駅。
吉田うどん。
硬めのうどん。
ここでガーミンをいじったりしていたら
ここまでのデータが全部消えた。それは松本についてから気づいたことなんだけどショックだったよ。
2019_08_22 naoetu 19富士急ハイランド。
ジェットコースターは通らなかった。
見たかったな、叫んでいるところを。



この道沿いは狭かった。137号線。
DSC_2385DSC_2386DSC_2387DSC_2388






DSC_2389河口湖。
次回は後ろの大橋を渡りたいもんだ。歩道をゆっくり通れば渡れるようです。
昔は有料だったそうですが今は違うそうです。

DSC_2390指が移ったけど若彦トンネル。
長い橋です。

二年前に比べるとこの日は涼しくて楽でした。
トンネルの中はひんやり。ここは通行量が少ないので安心です。
若彦トンネルを越えるとここからダウンヒルの開始。しかも下りで30㎞稼げる。
358号線から36号線へ。この道が気楽に下れる。沼田市の周りのような道です。
DSC_2391中央市まで下る。気持ちいい30㎞の下りでした。
二年前はここは雨でした。

南アルプス市に入る。
この後12号線を走っていく。この道はほぼ20号線、甲州街道と並行しながら走っていく。
そして恐怖の20号線へ。この道はけっこう細い。そしてトラックも多くスピードはかなりの差だ。
去年は20号を避けて一本右上の七里岩ライン。この道が厄介でした。20号より安全かと思ったが
意外と手ごわい。トラックが多くてアップダウンが多い。それならば登り基調だけどそんなにアップダウンがない20号のほうがいいかなと。

この日は涼しい。いや暑いんですがちょっと気温が低い日でした。データを見ると30℃近辺から
35℃あったから涼しいわけではないけれど去年より楽でした。
直江津集合用に前後のタイヤを交換したがどうも後が跳ねるようになってきた。

空気が抜けている。ここでオアシス、ハッピードリンクショップにピットイン。
空気を補充してドリンクを補充。とにかく空気の補充は体力を奪う。

DSC_2392そして途中のセブンイレブンで補給。
バナナに大好きなフルーツサンド。ブルーベリーが良いんだよ。
身体が元気になる気がする。

富士見峠までずっと登り基調。標高297mからずっと上り続け富士見峠は標高960m。
約50㎞を走りながら700mを登るわけだ。
富士見峠頂上手前3㎞でチューブ交換を決断した。松本市まで残り約60㎞で思い切った。

よくタイヤを確認。小さい石が刺さって抜けたようだ。内側に抜けた跡があった。
空気入れるのが大変。さぁ急ぎましょう。残り3㎞を登りここからしばらく下り基調が嬉しい。
DSC_2394諏訪湖、約200㎞地点。セブンイレブンで水分補給。
湖の半分は喪が浮いていた。あまりきれいな水じゃないのかな。
ここを越えると最後の難関、塩尻峠。
諏訪湖近辺が標高780m。塩尻峠トップが1000m。
岡谷市に入り、岡谷インターチェンジから登り始めるがもう真っ暗状態。
ここでキャットアイのライトの明るさを上げる。明るいね。残り30㎞切ってるから明るい状態で
いけるはずだ。えっちらほっちら登っているところを車は猛スピードで走っていく。途中から
登板車線。安全かと思いきやギリギリを走る車もありと・・・超危険。
頑張って登った。2年前は頂上はまだ明るかった気がする。
さぁここから松本市まで下り基調だ。さぁ下りましょう。

もうノンストップ。速度を上げて。塩尻インターから降りてくる車には要注意。
速い速度でこちらの車線に入ってくるから左手を上げながらちょっと待ってもらいながら
走るのがコツだ。大き目に目立つようにオーバーに左手で合図しながら左に寄る。
恥ずかしがらないことだ。速度を落として左に寄らせてくれるからね。
途中トンネルとかあるからこれは歩道を使おう。安全には変えられない。

塩尻市の市内に入ると2車線になり左右に世界の車のディーラーが並ぶ。ドカティーやハーレーの
ディーラーも大きな店だ。この2車線は安全に走れる。
ここを越えて1車線になるが左に少し余裕があるのでまぁ安心。20時過ぎているから車も少ないかな。

そして松本市内へ。途中右に斜めに入る。左の端を走っているからこの車線に乗るには後ろの車に
今度は右手でオーバーアクション。右方面に入れてもらえた。市内に向かう。

ゆっくり安全に走る。途中から右に自転車専用の矢印が出始める。

DSC_2395DSC_2396DSC_2397DSC_2399















DSC_24012年ぶりの松本城。ライトアップされていて
外国の方が多かったね。



DSC_2402そしてホテルに到着。
227㎞走行できたよ。
良かった死ななくて。到着後シャワーに洗濯にそして近くの居酒屋に。
ゆっくり寝られたよ。
ガーミンのデータが消えちゃって・・・
小田原からのデータが消えて富士吉田から松本市までのデータのみ残りました。残念。

トリップ準備

いよいよ今晩から動き出す。
一年に一回の自転車トリップ。
暑かろうが雨だろうが走る。雨が降っているからやめようはない。そんなトリップ。
だからこそ面白い。


2019_08_19 rs9 062019_08_19 rs9 05タイヤを前後新品に変えた。
今月は700-23Cで乗ってきた。
枝折峠ヒルクライムから700-23C。

R1Gを付けた。雨が多そうなトリップだからグリップ重視。もちろん転がりも最高だ。
2019_08_19 rs9 04バーテープ替えた。





2019_08_19 rs9 012019_08_19 rs9 032019_08_19 rs9 02




DI2とパワークランクの充電。
電気機器のオンパレードである当方のRS9。
これでOK。








2019_08_21 naoetu 022019_08_21 naoetu 01ヘルメットをLAZERに。
初めて使うブランド。
イエローは後方からよく目立つ。
視認性は抜群だ。そしてこちらのヘルメットは
LEDのランプが内蔵してある。夜はイイネ。
そして雨対策。今年発売されたパールイズミにシューズカバー。使ってみよう。
水没しないとイイネ。


2019_08_19 rs9 07カーボンのシートポストをDEDAのアルミに変えた。
ステーを付ける。ここにバックを付けるのだ。




2019_08_19 rs9 08今ついているツールボックスに輪行バックを付ける。

さぁ本日の夜、仕事終わってから小田原に向けて移動。

新しいレインウエアも手に入れたけどできれば使いたくない。
元気に小田原から直江津まで行ってきます。


22日から25日まで不在になりますので難しい依頼はご遠慮ください。
記事検索
最新コメント
koba_ヒロのサイクルコンピュータ 自転車毎日乗ってます。
月別アーカイブ
プロフィール

koba_ヒロ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ