自称坂マスターkoba_ヒロの自転車で登らせていただきます

自転車で坂を登る、ただそれだけ、いろんな坂登らせていただきます。 冬はスノーボード、背中にボードかついで山に歩いて登りそして滑る、ただそれだけがたまらなく楽しい。こちらのブログはkoba_ヒロこと小林弘明が綴っています。

望郷ラインセンチュリーライド

第9回望郷ラインセンチュリーライドに参加しました。

8/25の話。
前日までに走り切った『直江津集合!』太平洋側の小田原市から日本海の上越市の直江津、船見公園。
日本を横断し終わった翌日に参加の『第9回望郷ラインセンチュリーライド』。
無理に帰ってきて参加です。
疲れに疲れて110㎞、STRAVAの走り終わったデータでは標高獲得2449m。ほんとかいな???


DSC_2504DSC_2505ANCHOR販売も手伝いに来るし
地元イベントだから、まぁお客様も誘って
参加していますがちょっときつくなってきた気がする(苦笑)
スタート。いったん左に出てキヤノン電子方面に向かうが本当はここの部分をカットしたいのが本音だよ。と、毎年思う。

このコースは登ったり下ったりの繰り返し。そう、このサイクリングイベントは結構きつい。
ほとんど平坦がないのだ(笑)変態コースかもしれない。
毎朝のように朝練しているコースでもありますが。
画像を探すと途中の画像が一つもないのが笑えた。

一番ほっとするところは長い二本のトンネルの中。とっても涼しい。車どおりも少ない。

折り返してヨット峠を下って永井酒造の手前の信号でブリヂストンの選手が登っていった。
このコースでトレーニングは良いかもね。

この先の休憩所でブルーベリーの凍ったのが美味かったよ。そしてヨーグルトがたまらなく美味かった。生き返った。

そしていつもの白沢峠を登る。当方はロングコースで他、田園プラザ折り返しのコースもある。
その方たちに追いついていくわけだ。ほとんどの人が自転車を押しているのが笑えた。

下って生枝川久保の信号を突っ切る。沼田台地から一段下る。そこから曲がり家まで緩やかに登る。
そこで暖かい汁をいただく。キノコが入っていたかな。汗をかくと温かい汁ものはたまらなく旨い。
さぁ最後の登り。約7㎞。登り始めがけっこういい急斜面。

登っていくとフルダンシングして登っている方一人。戸丸くんだ。頑張っているね。

軽く抜いてと。いつもは負けているから一言声かけて抜いていく。
『駄目だよ、遅い人は端を走らないと。』と、ちょっと意地悪に言って(笑)
ごめんね、戸丸くん。たまには許してね(^^)

そのまま登っていくと『コバヒロさん!!』と大声で呼ばれた。
『誰????』と大声で返すと、戸丸くんのお父さん。
『駄目だよ、自転車は乗って漕がなくちゃ。』と自転車押している戸丸くんのお父さんに
これまた意地悪に(笑)ごめんね。これまたたまには許してね。

右にさらに登ってドリンク補給所があった。MNWさんがいた。
ちょっとドリンク補充してもう少し登って頂上。これで登り終了。

5kmダウンヒルで早起き村。FSさんがいた。もうお腹いっぱいでちょっと休憩してゴールへ向かう。

DSC_2514DSC_2515DSC_2508DSC_2509




会えなかった方もいるけど無事ゴール。
スイカいっぱい食べたよ。

DSC_2510DSC_2512同じRS9仲間のブリヂストンチームの
平塚選手。
この後、渋峠へ向かってトレーニングらしいです。
頑張ってください。

今年は残念ながら飯島誠名人は不参加でした。

水曜日の21日仕事終了後から移動を開始して小田原宿泊後22日から始めた
自転車三昧の夏休みが終了しました。
走行570㎞、標高獲得9600mのトリップが元気に終了。

いい旅、良い夏休みでした。


2019望郷ラインセンチュリーライド

2019_03_23 n 02s-また今年も暑い日の申し込みが始まった。
こちら送られてきたパンフレット。
『望郷ラインセンチュリーライド』
レースではなくサイクリングイベント。
たった110㎞。
しかし半分近くは坂を上るコースが面白い。
折り返しに付き気持ちよく下った坂は帰りは登る。

坂好きにはたまらないコース。


2019_03_23 n 01s-暑い夏に汗だくで登ろう。
去年はリタイヤが多かったらしい。
サイクリングイベントでリタイヤが多いというのは
なかなかないです。

開催日は8月25日です。
ロングコースのほかにミドルコース、ショートコース、エンジョイコースとあります。
自分の足に合わせたコース選択可能です。

ぜひ望郷ラインセンチュリーライド参加ください。

2018 望郷ラインセンチュリーライドに出場しました

無事直江津集合!が終わった。518kmほど走り獲得標高7942mを登りとんぼ返りで沼田に帰還。
忙しいね・・・

で、毎年続きで参加している望郷ラインセンチュリーライドへ。

このイベントのロングコース110km、登るか下るかのちょっときついコースです。
今あらためてここのホームページを見ると距離の110kmしか書いていない。
獲得標高なるきつさの数字がないんだね。こりゃ知らないで申し込む方いるよね。
110kmの距離はたいしたことないと思う人いるよ。平坦だったら110kmってたいしたことないから。
標高獲得の数字を書いてくれるとわかりやすいのだが。
ほら玉原ヒルクライムですと往復40kmで標高獲得880m。
赤城山ヒルクライムですと往復42kmで標高獲得1280m、わかりやすいよね。

で、このコース、110km走ってどのくらい?私のガーミンでは2400m。
そうだなノコギリの歯のようなコースで登るか下るかのコース。平坦?ほぼないです(笑)
2018_08_26 boukyou 01出迎えてくれたのが毎年お手伝いに来ていただけるブリヂストンの飯島名人。
焼けてます。いや焦げてます。そんな肌の色でした。
会えて良かったです。



2018_08_26 boukyou 022018_08_26 boukyou 032018_08_26 boukyou 042018_08_26 boukyou 05





参加の皆様。スタート前はもちろん元気です(笑)

2018_08_26 boukyou 06飯島名人のありがたい一言。




2018_08_26 boukyou 07私のゼッケンが300番代でした。
戸丸くんもいました。

画像はこれしかとっていなかったです。
私はと言うと、いまいち胃腸の調子が悪く。
胃腸薬を飲んでスタート。
良かったよ出なくて。

後閑の折返しまできつくて。
山賊焼きは食べられなかった。
うどんはなんとか食べられた。
調子が上向きになったのが折り返してきて川場に着いた時。
やっと食べたくなったよ。
ヨーグルトにブルーベリーいただきました。ゲップが出るようになって楽になった。

そこから徐々にペースアップ。疲れた体に鞭打ってさらに疲れた。
各エイドのドリンクもっと冷たかったら良かったね。
自販機でずいぶんドリンク補充しました。
かき氷とか出ると良かったかな。早起き村でガリガリ君。これが美味かったよ。

無事ゴール。直江津集合!と合わせて623.69km走った。
標高獲得の合計が10351m。凄いなこの数字。富士山の高さは3776mだって。

まぁ無事走りきれた。

また来年。スタッフの皆さんそして走った皆さんお疲れ様でした。
今年が一番リタイヤ多かったそうだ。暑かったもんね。

2018望郷ラインセンチュリーライドのパンフレット入荷しました

昨日2018望郷ラインセンチュリーライドの受付開始を書きましたが昨日、関係者の方が
パンフレットを持ってきました。
2018_04_13 n 01こちらです。30部ほど来ましたので
ぜひお持ちください。
カウンターの上においてありますので
気になる方はどうぞ。



2018_04_13 n 02ほとんど平坦地がないノコギリの歯のようなコース。
さっき気持ちよく下ったよな・・・そこを登るのが
往復コースの宿命です(笑)

ぜひ地元コース地元方、参加してください。

2018望郷ラインセンチュリーライドの受付開始です。

2017_08_26 naoetu 26去年の直江津集合は小田原から直江津まで。
約420kmほど走行。
そして次の日に行われた『望郷ラインセンチュリーライド』もちろん地元イベントなので参加です。
このイベントはただのサイクリングイベントではございません。
坂好きにはたまらないコース設定。登るか下るかしかないこのコース、平坦はほぼない。
だからこそ完走した後はたまらない充実感が漂います。

2017_08_26 boukyou 012017_08_26 boukyou 022017_08_26 boukyou 032017_08_26 boukyou 042017_08_26 boukyou 052017_08_26 boukyou 062017_08_26 boukyou 072017_08_26 boukyou 082017_08_26 boukyou 09
















この日は青空の下、良いサイクリング日和でした。





このコースは往復するコースです。 
ロングコースは110km 
ミドルコースは78km 
ショートコースは40km 
エンジョイコースは18km 

自分の体力に合わせてコース設定ができます。 
地元利根沼田を走るイベントですのでぜひ参加をご検討ください。 
走り終わった後には充実感が湧き上がるはずです。 

日程は8月26日(日)受付は前日から可能です。 
詳しくは望郷ラインセンチュリーライドのホームページを御覧ください。 
 

記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

koba_ヒロ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ