自称坂マスターkoba_ヒロの自転車で登らせていただきます

自転車で坂を登る、ただそれだけ、いろんな坂登らせていただきます。 冬はスノーボード、背中にボードかついで山に歩いて登りそして滑る、ただそれだけがたまらなく楽しい。こちらのブログはkoba_ヒロこと小林弘明が綴っています。

坂マスターが登った坂

西伊豆スカイライントリップ

12月3日の話です。
毎年参加している『西伊豆スカイラインオフ』二年前に雨でズレた。
しかしスタートしたから一日ズレた次の日に一人で走った。
走った全て良い富士山を拝めているのだ。

さて今年は。
今回は少しスタートを変えて。いつもは前の日仕事終わった後に移動開始して熱海のファンシーホテルに一泊する。いろいろ電車の時刻表を見て考えた。上毛高原スタートから発想を変える。『むむ高崎発のに乗ると朝から移動で間に合う。』スタートは高崎発6時17分。これに乗ると函南に8時半到着なのだ。

高崎まで車で積んで高崎駅へ。
高崎駅ってこんな時間にすごい人いるのね。上毛高原では考えられない人がホームに並んでいた。
2016_12_04 nisiizu 03大宮近辺で富士山が見えた。
いい天気になりそうだ。



熱海で東海道本線に乗り換えると自転車袋に詰めた輪行者達が多数。
同じグループではない人も多数でした。

2016_12_04 nisiizu 04函南に集まった。
18人位。

大人数だ。
この人数が9時スタートで動き出す。


2016_12_04 nisiizu 02最初の集合写真。
富士山がよく見えた。
雲一つない。




2016_12_04 nisiizu 05年齢層高いが自転車好きが集まった。
ネットがなければ、SNSがなければ集まらないメンバー。
残念ながらパイオニアのmasaさんは不在。また次回。









2016_12_04 nisiizu 06狩野川サイクリングロードをゆっくり走る。
なんと長嶋茂雄氏が走ったんだって。
モニュメントができていました。
この隙間から顔を出す(笑)















2016_12_04 nisiizu 07修善寺から登りだす。






2016_12_04 nisiizu 08修善寺を越えて行くと徐々に道が細くなり登り始める。
ぶつかると道が太くなる。
ここが分岐点。

まずはだるま山レストハウスに集合。
先頭切って登ったな。 

2016_12_04 nisiizu 092016_12_04 nisiizu 10ほら良い富士山と。
いい男が。
そしていいバイク。



2016_12_04 nisiizu 01みんな揃ってパチリ。

良かったよく見えて。




2016_12_04 nisiizu 11そこからさらに登った景色がこれだ。
上の雲が厚くなってきた。

あっという間に空が変わった。







2016_12_04 nisiizu 12ほら富士山の帽子。
毎年撮っている。
その後も登ったり下ったりの繰り返し。











2016_12_04 nisiizu 13いつもの土肥駐車場。

ここから伊東組と修善寺組に別れる。

4人で下り出す。
この後も下ったり登ったりの繰り返し。

ヒルクライムだけがロードではなく
これこそがロードバイク。

己をエンジン化してクランクを回す。
チェーンで後を回しギアからホイールへ。
そしてタイヤが路面を掴んで前に蹴り出すのだ。
楽しい。

2016_12_04 nisiizu 14こちら風早峠。
いつものここは風の通り道。
他の道が風がなくてもここは風が強い。

しかしこの日は風がなかった。
座っていても暖かくて気持ちいい。

2016_12_04 nisiizu 15仁科峠で登った道を下る。

そして59号線を下りだす。

細い道。湿った枯れ葉が多いので要注意だ。

かなり下ってから自販機で温かいココアで温まる。
これだけが幸せだ。

ちょうど良い紅葉だ。
この時期の湯ヶ島温泉良いな。
ひとっ風呂浴びたい。
414号線へ乗る。一旦左に折れてセブンイレブンへ。
天そばどん兵衛とおにぎり、チキンと食べた。去年もここだったな。

さぁこれから伊東へ本番。59号線へ乗る。
一つ目は国士峠へ。約5km結構傾斜キツイかな。旧道はキツイね。
2016_12_04 nisiizu 16二年ぶりのこの道を登った。

ここで先行のシルキーさんに追いついた。
これで4人から5人へ。

登った後は下るのだ。自販機によりながら補給をして
冷川インターまでのゆるい上りを走るとこれまたロードで走っている感が凄いな。

その先の冷川の信号で道が2つに。冷川峠へ行く道と12号線。
通ったことないがおそらく迂回のバイパス。
もちろん旧道の冷川峠を登るのだ。
さぁ約4kmの登りが始まる。
2016_12_04 nisiizu 17二人のマッチレースだったな、頂上までピッタリ。
いいトレーニングしてる。
心拍も180オーバーで回している。
こちらトップこれで登りは終わり。
ここから伊東までは下り。
山道は暗い。ライトを付けて下るのだ。
2016_12_04 nisiizu 18よかった無事到着して。

2016_12_04 nisiizu 19伊東駅。
もうこんなに暗くなってる。

5時前に到着して
輪行準備。
伊東組は5人揃って
トラブル無く到着したね。
おみやげのかまぼこ買って。

伊東から熱海までは電車で20分ちょっと。

良い日だった。

また来年も良い富士山みたいね。
やっぱり富士山は雪が乗っていないと(笑)

また来年会いましょう。

皆さん今日はありがとうございました。
11月5日の朝練終了後から痛みだしたいつもの腰痛が長引いた。そして風邪も長引いてそれ以来自転車に乗っていない。でも良い休養だったかな。かなり調子良かった。やはりイベント前は休養を十分入れたほうが良いなと気づいた今回のトリップでした。

本日の走行98km

武尊山月間 休日につき坂三昧

さて休日はドコに行こう。150km乗りたい。去年の10月は日光や軽井沢行ってる。
自宅から150km乗るということは片道75km。

前日そうだ榛名山を登ろう。ハルヒルのコースではなく渋川、伊香保から。
コーヒーさんのルートを参考に。

暑かったな。この時期朝から乗ると秋冬ウエアで良いのですが日中は暑い日もあるが本日がその日だった。
夏ジャージがよかった。レッグウォーマーで良かったよ。

DSC_7007ロックハート城までの登り今井峠の登りで気づいた。暑すぎる。
こちら奥がロックハート城。
ドイツから分解して持ってきてここに立てたんだって。

朝からいきなり6kmのヒルクライム。
坂三昧の日の始まり。

ここから下ります。

そして4kmほど下り中山盆地の道の駅を左折。

渋川方面に向かう。ここから初めて通る道。
参りました。ここから4kmも登り。ここは平坦だと思ったのに。
DSC_7010でもまだ良かった。自転車の道があったから。

どうしても自転車の登りは遅い。
車のプレッシャーが多いから。
特に通勤時間のこの時が厳しいね。







DSC_7009へ~ここから入るんだ。
坂の頂点には県立ぐんま天文台の入り口。

まだ行ったことがない。
宇宙の入り口のようなところです。
行ってみたいな。

ここから9km下る。標高600mから200mまで下げる。登ったり下ったりと結構ハードな日になりそう。
さぁまた登りが始まる榛名山に向かって本番。
DSC_7012グリーン牧場の手前から榛名山の登り口に出る。
ここから伊香保に向けて登る。
標高200mからトップ1180mまで約900m登ります。




DSC_7014途中あるのが有名な伊香保温泉。

有名な石段。
この階段を登っていくと石段の湯がある。
一度入浴しました。
ここが740m地点。

さらに登る。

ワインディング・ロードといった感じの
つづら折りの道。
見晴らしも良い。
DSC_7016どうですいい眺めでしょ。

頼みもしなかった関西の方に
撮っていただきました。
1030m地点。
つづら折りが終わると平坦になる。
途中メロディーライン。時速40kmオーバーで走ってみたが聞こえなかった(笑)
DSC_7018黒髪山神社の入口の鳥居。

ここから登ると相馬山とのことで
高崎が一望できるそうです。








DSC_7020榛名富士をバックに。

ここの駐車場に大型バス7台停まっていた。
さっき登りで抜かれたバス。

抜く方も大変かもしれないが抜かれる方も
かなりのプレッシャー。

ここでドリンクタイム。
ちょっと休んで目的の坂を下る。

唐松。よく自身のfecebookに出てくるんだよね。
かなりきついらしい。激坂だそうだ。沼田から自走で榛名山登った後登るのもどうかと思ったけど
坂マスターだから大丈夫さ。と思いつつその道へ。
一旦ちょっと登るんです。ここで嫌になったがまぁここがゴールかなと思ったところから下り始める。
道は悪い。木々が茂っているところはウエット。昨晩降ったかな。
この道下るのも初めてでスタート地点もここかな?とスマフォで現在位置を確認。そうらしい。

珍しいね信号なしの道。スタート位置は工事中で片側通行。頃合いを見計らってスタート。

前半は緩やかですが徐々にキツくなる。枝折峠ヒルクライムに似ているかなと思いつつ結構キツイ。
12.8kmくらいのコースですが残り3kmはなかなか縮まらなかった。たまに車が登ってきたり下ってきたり。
コーナー手前で登ってきた車が来ると嫌だね。インベタキツくて。もっと大回りしたいようです。

暑くて暑くて。タイムは1時間4分40秒でした。クロモリビアンキさんは1時間1分切ってるから1時間切りが
目標値でしょうがもう来ないかも。
このコースはほぼ全部心拍数162以上。平均心拍が169で最高が177。自分のエンジン回したね(笑)
DSC_7022登ってからランチ。
カレーうどん。紐かわの麺。

ここで大休憩。
お茶飲んだ。ここでまとめて水分補給。

このお店結構人が入ってきた。人気店ですかね。
DSC_7023榛名湖と榛名富士と私。

ここで81km地点。
この日の目的距離数は150km。
あと70kmね。

ここから今度は中之条方面に下る。
まぁ下りがいい道。しかしところどころ暴走禁止の舗装。凸凹になっていたり筋が入っていたり。
慎重に降りる。あっという間に標高400mまで下げる。そこから145号線へ。
今考えると145号線ではなくその手前を右折したほうが良かったな。こっちのほうが楽に走れたはず。

145号線は気が抜けない。良いスピードで走った。陸橋の登りも時速30km。きつかった。

145線から中之条町に入って次に登ったのが大道峠。
こちらは中之条町から旧新治村につながる峠。今はみなかみ町に変わっている。
中之条からの登りは登ったり下ったりの繰り返し。道の駅霊山たけやまでドリンク補充。
峠の始まりが中之条町中左折からみなかみ町の看板までの距離が約15km。
DSC_7027境はドコかなドコかな?そんな感じで登っていく。
こちらからは2回目。
時間は1時間くらいこの峠登っていた。
頂上は790m。約400mの標高を稼ぐ。
15kmで400m登りじゃたいしたことないのですが登ったり下ったりで標高獲得は結構あるかも。

さて境はここ。ここから下るが細い道で木々が道を日陰にするため
ほぼウエットかな。

路面も悪いからゆっくりと。
たくみの里の近くに降りながら手前を右に曲がっていく。
DSC_702817号には出ないで平行に走る。車も来ないし路面も良い。
右折した橋から見た風景。
小さいが山の稜線に電線の大きな鉄塔。
あんな奥から登ってそして下ってきたわけだ。

この道をゆっくりアップダウンを繰り返しながら出るのが
上津大原の信号。角にガソリンスタンドがありその隣が
ファミリーマート。ここまでくれば補充もいらない気がするがお腹が減った。

ハムサンドとオレンジジュースにバナナのジェルを空いたお腹に入れる。
時間は15時半頃、ファミマは店内に椅子とテーブルがあってイートインコーナーがある。
これは嬉しいよね。そこに座った女性たちが賑やかに話しながら。その近くの椅子にかけて
お腹に入れる。オレンジジュースが美味い。

もう見慣れたかな自転車乗りのスタイル(笑)

さぁもうひと頑張り。ここが132km地点。
17号ではなく右に入り次の信号を左に細い道。下って橋を渡ると旧月夜野町のメインストリート。
茂左衛門の前を通り利根川を渡りすぐ左に登る。線路を越えて望郷ラインに乗る。
三峰山トンネルに向けて4.2km登り。徐々にペースを上げる。これだけ登ってきて
まだ登れる。そしてその後だってまだ登れるよ。

トンネル内がヒヤッとする。気持ちいい。
DSC_7029トンネルを越えるとこの風景。
いい景色だ。だいぶ日が落ちた。

このまま望郷ラインを下ってもう一本のトンネル。
池田トンネルを越えていつものアップル街道に
ゆっくり走る。
もういつもの道だ。
この先を越えて岡谷町のセブンイレブンを突き抜ける。

薄根川を渡り最後の坂、木田坂。よく登ったな。
今日もよく登った。

無事到着。

p20161018本日のデータ
スコア301
レッドポイント113
ゾーン4が1時間8分(162~179)
ほぼ唐松峠だな。よく回した。

本日の走行152km
登りに登って獲得標高4330m、富士山越えてるよ。
7時間34分漕いでいた。

事故なくいい休日。帰宅した時臭かったらしい(苦笑)ウエア選択ミスだからさ。
 

武尊山月間 軽井沢ライド

20日の話です。
今月は1200km走行目標。いつもの朝練では届かない。ロングに行こうと決めていた。
もちろんいつもの朝練も白沢峠1.5往復している。順調予定通り。

火曜日定休日。予定を立てる。いつもお世話になっている人からのリクエスト。去年から言われていた。
『碓氷峠走りたい。』行きましょう。夏のライドは登れずでしたから。

最初は榛名山の脇から地蔵峠33号線で行き碓氷峠を登り折り返し同じコースで帰宅。
ふと、夏のコースの逆コースは?距離を見ると地蔵峠越えて碓氷峠の頂上は約90km。
つまりちょうど半分の位置。この前の走行距離は180km。逆コースで碓氷峠頂上で90km。
下って100kmオーバー。逆コースのほうが車のプレッシャーが少ないか?

決定。逆コースで総距離200kmオーバー。行けるはず。
5時40分出発で帰宅は17時。と、頭のなかではじき出す。

問題はウエア。日中乗るから薄着か?朝は寒いし夕方からは冷える?
悩んだね~厚めのアンダーアーマーを一枚着て10℃バージョン、下は5℃バージョン。
寒いより暑いほうが良い。まだ明けきっていない道を走りだした。
ロックハート城までの今井峠は約6kmのヒルクライム標高獲得約300mで汗をかき頂上から
下り基調で中之条。道が霧で煙っていた。
そして145号線をひたすら漕ぐ。細き道は車のプレッシャーがキツイ・・・
六合村近辺のトンネルは歩道を走る。ここで車道は危険極まりない。誰か言った歩道は走るんじゃねえよ。
死なないことが重要だからね。

2015_10_21 karuizawa 01道はイイね。とっても路面もいいし近未来的な橋が多い。
まずは草津登り口のセブンイレブンを目指す。
もちろんノンストップ。


2015_10_21 karuizawa 02約50km
漕ぎっぱなし。
到着時間は2時間18分。
いいね。
ここでサンドイッチとオレンジジュース。
そして日本ラグビー3勝1敗でかなり悔しい
予選敗退。最強の予選敗退チーム。
応援しましょう、リポビタンD
ツーリングは必ず飲みますから。

さぁここからまた登りの始まりさ。
中之条標高約300mからここまで標高670m を
約24kmかけて登ってるんですね。

羽根尾交差点を左に折れ登る。
途中2015_10_21 karuizawa 03白根山が見える。
まだ草津から登る白根山への道は
8時から17時までしか通れない。


2015_10_21 karuizawa 042015_10_21 karuizawa 05いい色でした。
紅葉が綺麗です。





2015_10_21 karuizawa 06146号線の途中から
長野県に入る。

この道もダラダラ登っている。
羽根尾交差点は670mそこから標高1400mまで
730m登らされた(汗)
約23kmかけて。そしてここから下るのだ。






2015_10_21 karuizawa 07浅間山。
ここは火山性微動が多くなると撥ねるらしい。
データが揃っているから分かるようです。



18号線まで下れる。約9km下れました。ここまで走行82km4時間10分漕いでた。
2015_10_21 karuizawa 08そこから軽井沢の道を通り碓氷峠頂上。
ここが群馬県の安中市との境です。
下りです。約88km。まぁ大体あってます。


2015_10_21 karuizawa 09たまにはちょっと違う角度からめがね橋。















2015_10_21 karuizawa 10下って左に曲がると『人間の証明』で
母さん、ぼくのあの帽子どうしたでせうね?
ええ、夏碓氷から霧積へいくみちで、渓谷へ落としたあの麦藁帽子ですよ。
母さん、あれは好きな帽子でしたよ。
ぼくはあのときずいぶんくやしかった。だけど、いきなり風が吹いてきたもんだから。
母さん、あのとき向こふから若い薬売りが来ましたっけね。
そう、曲がればあの霧積です。
2015_10_21 karuizawa 11下って行くと100km。いいね。約5時間。
そこで一人合流して登る。





2015_10_21 karuizawa 14本日二度目のめがね橋。

めがね橋の下から覗く紅葉がイイね。
しかし日中は暑かった。
10℃バージョンじゃ暑すぎです。
登ってきたローディー、半袖短パンの夏ジャージでした。
2015_10_21 karuizawa 15二度目の頂上。

空が青いや。

お腹が減った来た。

下っていつものところへ。





2015_10_21 karuizawa 16横川ドライブインの味噌ラーメンとコーラ。
なぜか峠の釜めしは食べなかった。
今年3回目の横川ドライブイン。
3回とも味噌ラーメンでした。
汗をかいて塩分補給、汁まで全部完食。
コーラも美味いね。
さてここ1時半、さぁ残り80km?ペース上げましょう。ここで約130km地点。急ぎますよ。
この後歯医者さん予約しているから。
2015_10_21 karuizawa 1733号線地蔵峠を目指す。途中登りで工事中片側走行。
止まるとキツイね。後ろのプレッシャーが厳しい。
150km走行で地蔵峠頂上。標高700m暑い。
ここで安中市から高崎市に移る。
下る。406号線へ。
ここも登りだ。


163km地点が頂上。ここで自販機が目につく。アクエリアス一気飲み。そして朝入れてきた水を捨てて
新しい水を補充、そしてここから下りだす。
180km地点まで緩やかな下りが続く。楽でいいね。
中之条に入り約180km地点でトラブル。左に曲がるときにリアタイヤに違和感。パンクです。
横にキズあり、チューブ交換して走りだす。
ここからダラダラ登っている。16km先のロックハート城まで登るのだ。暗くなってきている。
パンクのせいで時間が押している。暗くなると心細くなるね。速度も出ないし。
ここが高山村と沼田市の境。196km地点ここから下りだ。
サングラス外した。暗いから。ここから下り6km。17時過ぎてる。歯医者さんに連絡して
遅れます(汗)暗いからゆっくり下る。後ろに車が来なくてよかった。

途中1箇所、工事で片側通行。今朝は登りで片側通行。下りは許せるね。

17号線を突っ切って沼田台地に登る。ここが最後の登りだ。1km。
後は車が少ない路地を通りながら自宅に無事帰宅。なんと体重が69.6kg。減った。
シャワー浴びて、水分たっぷりとって歯医者さんへ。無事取れた銀歯装着。

2015_10_21 karuizawa 19お腹減った。

実はこれCOCO壱番屋。
有名なカレー屋さんのキャンペーン。
なぜかガンダム。この前行った時に書いた
アンケートが当たって1000円分頂きました。








2015_10_21 karuizawa 18かなり食べました。
二人で3200円位食べた。

事故なく良いライドでした。


この日の走行204km
標高獲得 5200mオーバー登ったね。2週連続の5000mオーバー。
 

日光『いろは坂』方面一周

『ロング行きませんか?』と誘ったのは朝練によく来てくれるKIKさん。
行き先はいろいろ考えて日光へ。
2014_08_05 nikkou 035時集合。5時過ぎ出発。
空気が冷たい。

まずはしゃくなげの湯の前を通る根利越。
けっこう長い坂が続く。


2014_08_05 nikkou o1沼田市の隣は桐生市。
ここから長いダウンヒル。
122号線へ。









2014_08_05 nikkou 02122号線を左に登りなが10キロほど走ると
富弘美術館。
そこにあるそら豆のオブジェ。
上の線が地面です。








2014_08_05 nikkou 04草木ダム。
良い天気。
風景がいいね。




KIKさん何も食べずにだそうで。やっと見つけたコンビニセーブオン。
122号はコンビニないですね。珍しい道です。
唯一のコンビニ?混んでました。
サンドイッチとガリガリ君、オレンジジュース、ナッツを補給。
凍ったペットボトルも。今回はシートポストにバックつけてきたから荷物も積めます。
日足トンネルは長く涼しい。無事クリアー。
2014_08_05 nikkou 05122号線から120号線へ。
この道は沼田まで続く道。
看板も沼田市まで88km。









2014_08_05 nikkou 07いろは坂の登り口にあるトイレ。






2014_08_05 nikkou 06ここからいろは坂。
明智平まで約7km登ります。

登りだすといろは坂ですから各コーナーに
いろはにほへとと看板が付いています。

そんなにきつくない傾斜で問題なしですが
やはり車は多い。一方通行の2車線になります。




2014_08_05 nikkou 08 標高1173mの休憩場所。
一旦ここでKIKさんを待って再び登る。





2014_08_05 nikkou 10登ってきた道です。











2014_08_05 nikkou 13明智平。登りました。
1274mです。
玉原とほぼ同じ標高です。




2014_08_05 nikkou 12なんと松月氷室のかき氷が。
今市に本店があり1時間位待つのが普通だそうで。
ここにあるとは(笑)

氷が美味い。
すーと溶けますね。
水物ばかりです。





2014_08_05 nikkou 14ランチはここ。
中禅寺湖の脇にある『浅井精肉店』
並んでました。
店がカウンターのみ6席ほど。
回転率は悪いですね。食べると落ち着く事はできずに
外に。合言葉は『ごちそうさま』

2014_08_05 nikkou 15今回頂いたのは唐揚げとメンチのセット。
ちょっと時間かかりました。
メンチが厚くてでかい。ハンバーグをフライにした
メンチ。コレは旨かった。
KIKさんはカツカレー。
でかいカツがなんと2枚。さすが精肉店の食事処。
満足でした。
2014_08_05 nikkou 16中禅寺湖。
涼しい風が流れてきます。





さぁこれから帰路です。金精峠を目指して戦場ヶ原に向かいます。
2014_08_05 nikkou 17湯ノ湖したの湯滝。
温泉の臭がします。





2014_08_05 nikkou 19金精峠頂上までもう少し。






2014_08_05 nikkou 18湯ノ湖が見えます。






2014_08_05 nikkou 20金精トンネルで栃木県と別れを告げます。

このトンネルを抜けると群馬県。
ここからほぼ下り。

菅沼のお土産屋さんで挽きたてコーヒーを。
ホットがホッとします。

ここから下りが更に続き途中ドリンクタイム。

その先は登ったり下ったりで利根町に入ります。
大原でKIKさんを待ち初椎坂トンネル。
ここは歩道が広いので歩道を走る。120号を車と流れる。
狭い道です。無事到着は17時。
走行 163km  7時間以上漕いでいました。

ルートは一昨年のルートですがほぼ同じです。値がのは椎坂峠のトンネルを通ったことだけです。
標高獲得は3300m、登ったね~
 

自称坂マスターが登る『西伊豆スカイライン』

2013_11_30 nisiizu 0111月29日仕事を早めに終わらせて飛び乗ったのがこれ。
向かうは宿泊地熱海。
当日いろいろルートを考えたが集合地『函南駅』には
間に合わない。で。前泊。
熱海のビジネスホテル到着が22時過ぎ。
セブン-イレブンで買い込んで一人乾杯。
明日無事に楽しめますように。


2013_11_30 nisiizu 03当日30日集合場所函南駅。
 熱海駅から乗り込んでファーストはAkiさん。
去年の直江津集合で一緒になった彼、お父さんと一緒でした。
降りたらぞろぞろ輪行袋を持った方々。




2013_11_30 nisiizu 04右がmasaさん。MASAさん企画のこのイベント
楽しみにしてました。
スタートは9時。

20人超では初めての経験。


2013_11_30 nisiizu 05サイクリングロードでパチリ。
この時点では富士山に雲が・・・
他は雲ひとつない青空だけどね。





2013_11_30 nisiizu 07見てください、皆さんいい顔で。




 修善寺から登り始めて達磨山
2013_11_30 nisiizu 06富士山来たーーー

しかし修善寺からのファーストステージは
Akiさんの2分落ちでした。前年。
彼は私の半分の年齢。


2013_11_30 nisiizu 12皆さんでパチリ。
コーセーさん体調不良でここでリターン。
また来年。
ここからの風景が抜群。

2013_11_30 nisiizu 11いい道なんです。






2013_11_30 nisiizu 08雲の掛かりがちょうどいい感じです。
 





2013_11_30 nisiizu 13いい写真頂きました。
撮影は nobuoさん。ありがとうございます。
頭の上は富士山です(笑)
 










2013_11_30 nisiizu 14こちらもnobuoさん撮影
 








2013_11_30 nisiizu 09MASAさん。
ちょっとピンぼけ(笑)


Karzさん、akiくん、けんけんさん、まるおさん、kobaヒロが伊東へと
別れを告げる。

2013_11_30 nisiizu 16風早峠
 






2013_11_30 nisiizu 17ここからダウンヒル。






2013_11_30 nisiizu 15
海が輝いていた

海無し県の群馬育ちには海がときめく 





2013_11_30 nisiizu 19ファイナル富士山。
また来年も来よう。











2013_11_30 nisiizu 18わさび畑。
きれいな水なんでしょうね。









2013_11_30 nisiizu 21セブン-イレブンで冷えた体を温める
カップヌードル。コンビニは偉大だな。
そこから登ったのが国士峠。
国士峠の杭が折れそう。





2013_11_30 nisiizu 20最後の冷川峠。

ここを越えると一気に下って伊東まで。
到着は16時。

Akiさん親子は温泉へ。



2013_11_30 nisiizu 22西伊豆ハイウエーから伊東まで事故なく
無事に到着
電車の中でけんけんさんとまるおさんでビールで乾杯。

良い風景、素晴らしい仲間と走ったいい道。
楽しかった。
素晴らしい時間皆様ありがとうございました。

走行距離 97km














 
記事検索
最新コメント
koba_ヒロのサイクルコンピュータ 自転車毎日乗ってます。
月別アーカイブ
プロフィール

koba_ヒロ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ