8/24の話。
お疲れの三日目は遅くにスタート。ガーミンに火が入ったのが10時2分。
ここ数年、最終日のルートが同じなもので、まぁ間に合うでしょ、そんな感じでした。

DSC_2444DSC_2446DSC_2452






DSC_2449DSC_2455いつもの上田城跡地。

同じ六文銭。真田氏。
沼田市も六文銭。











DSC_2461DSC_2462DSC_2463






さぁ最終日、事故なく元気に。
18号をしばらく走り、千曲川サイクリングロードへ。ここを安全に走るのが3年目になる。
気楽に走れるのがいい。

50㎞地点でまた18号に乗る。良い天気で。しかもそんなに暑くない。
DSC_2464途中コンビに寄ったりで18号から117号線の飯山街道へ。
アップダウンが続く道だ。
どうも時間が忙しくなってきた。
いつものときわやでのランチが間に合うか?
まぁ急ぎました。






DSC_246514時過ぎに到着。何とか間に合ってか食べさせてくれたかで
チャーシューメンを。
そしてコーラ。旨かったね。汗を流すとラーメンが食べたくなるよ。

DSC_2466戸狩スキー場が見えるがこのスキー場の右側を登っていく。
最後の難関、関田峠。

どうも空が怪しい。各所で土砂降りになっているようだ。
去年は関田峠を越えて下り始めてからゴロゴロ、土砂降りの中下りました。

登るまでは持ってくれと思いながら登った。
この関田峠はきつい。ハルヒルを登っている感じです。ところどころ13%が登場する。
登り始めからだと15㎞くらいか。
標高320mから標高1070mまで登りこむ。
車は少なく時々忘れたころに通る。バイクもたまに通るくらい。まぁ安全な道かな。
DSC_2467DSC_2468DSC_2470DSC_2471






DSC_2472頂上から長野側は野沢温泉村方面。
そして登ってきた道が見える。
7年連続の関田峠。登った先の光ヶ原高原から日本海が見えるらしいが
未だ見たことない(笑)毎年雨かな。ただ登っている最中は降らずに下りだすと降るパターンが多い。
DSC_2473ずっと上り一辺倒だったガーミンの地図が変わった。
頂上が明確に出て下りも出る。
あともう少し登れば頂上。

DSC_2474DSC_2476やっと登り切った関田峠頂上。
冷えてきた。
30℃から頂上は17℃。
これは冷えるはずだ。
ここから下る。時間も少ない。










DSC_2477DSC_2478光ヶ原高原。
今年も日本海と佐渡は見えなかった。
一人ローディーと話をする。
先客が直江津目指して越えて来たそうだ。


かなりのスピードで降りて行った。途中停まっていたので手を振った。向こうも降り返した。
誰だか知らない人と話もできるのもローディーの特権だね。

雨が降ってきた。かなり。裾が破れたレインパンツを着込んで雨の中急ぐ。
もう時間がない。約束の時間は18時。さぁ。
DSC_2479DSC_248018号を横切り関川サイクリングロードへ。
雨が止んだ。レインを脱いでさらに急ぐ。




DSC_2481無事到着。
関田峠を越えてから毎年寄っているジェラートニーナは
今年は寄れなかった。
時間がなかった。
多分スタートが遅かったから。

船見公園到着は17時55分。ぎりぎり到着。
間に合ったよ。






DSC_2485パイオニアのmasaさんと。
今年も自転車できていない。
どうした?『自転車で来た人はすごいね!』と言われたよ。

DSC_2488DSC_2489DSC_2490DSC_2491




今年も知り合いがいっぱい集まった。
IMG_8868池田チームが多い(笑)
しかもなぜか浜松市経由だとか。




DSC_2493夕日は見られなかったが楽しかったよ。
事故もなく無事到着。念願の乗鞍岳ヒルクライムもしたし。



DSC_2497もちろんお約束の日本海タッチは忘れない。

『また直江津で!』

そんな一言で解散。
ここ直江津の船見公園でただ夕日を見るだけのオフ会。
約束事は太平洋にタッチしてから自転車で直江津の船見公園に集合日の
18時に集まるだけ。たったそれだけ。ルートも自由。
ルートは無限だ。
泊まろうが通しで来ようがルールはないようだ(笑)

もう来年のルート選びが楽しみだ。