私の大好きな方法として輪行がある。
ここ沼田から200kmを走ろうとする。方法は2つ。
一つ目は100km先に行って100km帰ってくる。
二つ目は200km先に行って200km電車で帰ってくる。

どっちも好きだけど(^^)。

200km先。
ロックハート城まで登りあげ下り基調中之条を越えて草津へ入る
2012_07_17 sibutouge 052012_07_17 sibutouge 062012_07_17 sibutouge 072012_07_17 sibutouge 09












白根山まで登りあげる。

2012_07_17 sibutouge 08渋峠を越えて。






2012_07_17 sibutouge 10ここから長野県だ。






2012_07_17 sibutouge 11その後長い下りが待っている。長い長い下りだ。

どこも景色がいい。



2012_07_17 sibutouge 13やっと下ったその先から車が多くなっていく、18号に入り妙高から新潟県だ。
下り基調で爽快に走りながら潮風とともに潮の香りが鼻に入っていく。

海が見えてくると海無し県にしかわからない感動がある。







2012_07_17 sibutouge 142012_07_17 sibutouge 152012_07_17 sibutouge 162012_07_17 sibutouge 17







上越に入り直江津へ。

約190kmちょっとの旅。沼田を朝5時頃出て夕方5時にはここに着いた。

帰りは直江津から輪行で。1杯飲みながら弁当を食べてゆっくりしながら。

毎年数回トリップする。直江津集合、西伊豆スカイライン。今年は2回旅に行った。

袋に詰めて移動して現地について組み立ててスタートだ。組み立て終わってから縦パイプに付けた
ボトルケージに輪行袋を突っ込む。

また旅に行きたい。走ったことのない道と見たことのない風景。ロングの醍醐味だ。

今回の画像はもう6年前の話。直江津にはそれから毎年ゴール地点としてトリップしている。
ヒルクライムレースや朝練にはない魅力がある。そう道は無限だ。

2017_12_27 o 01そんなお供として今回紹介するのが私が使っている輪行袋だ。
よく売れる商品です。
輪行袋を見に来た方にはなんせこれしか勧めてないから。
これが良い。一番良い。
理由は小さいことと軽いことだ。なんせ走っている時はこれを持たなければならないから。軽くするには薄くなければこのサイズにはならない。薄いが私は6年ほど使っている。
年2~3回使っている程度だが。そして必要なのはエンド金具。これをリアホイールを外したところにつける。輪行袋とエンド金具でセットになるわけだ。

さぁこれを使って来年は一緒に旅しない?

遠くに行ってみようよ。もちろんメンテナンスしてからだけどね。そちらもおまかせください。

輪行袋 6,540円(税込み)私のアドバイス付き。
エンド金具1,790円(税込み)130mmと135mmありますのでご相談ください。

私の遠くに行ってみたくなったりする楽しいトーク付き(笑)ぜひご来店ください。


小林自転車店