予報では新潟の田代スキー場界隈は40~50cm降るとのこと。ここの怖いところは強風。
強風にて田代スキー場を閉鎖することがあるのだ。田代スキー場はかぐらスキー場に属していて
私が前売りで買ったチケットがあと3枚あるのでそれを使いたいのは山々だが。


2017_02_01 houdaigi 01実は気になるスキー場がある。『宝台樹スキー場』みなかみ管内。
いつも行くオグナスキー場と同じグループ。
地図作ってみました武尊山を中心に宝台樹スキー場、オグナスキー場武尊牧場スキー場。この3つは武尊山観光開発で営業しています。
その横に岩鞍スキー場と良いスキー場が集まっている。
川場スキー場玉原スキー場。こちらの2つは凄く近い。
沼田市は良いな。本当にスキー場天国です。みなかみにも多数のスキー場、片品村の奥にも丸沼スキー場
片品高原スキー場尾瀬戸倉スキー場。凄いな。面白いイベントを行っているスキー場もありますのでぜひ利根、沼田地区のスキー場にお越しください。

先週六日町八海山が大雪の時滑ってきましたが本日も前日から雪が降っていた。
実は雪は雪でも質が違う。武尊山近辺の雪は軽い。行ったことないけど北海道にも負けないと思う(笑)

2017_01_31 houdaigi 02どうも藤原手前の宝台樹スキー場はどうも奥っていうイメージがある。
ぐるっと回らないと行けないのでそっちの方面は足が遠のいていた。
なかなか評判がいい噂を聞くので気になってしょうがなかったのだ。

で、行ってみた。
昭和のスキー場。
この建物でランチ頂きましたが中が昭和のままなのだ。

月夜野もみなかみに入ったけど月夜野、水上、新治の合併によって
みなかみ町になったわけだが月夜野の名前が自分の中から消えてわけではない。
月夜野からみなかみに入るまでは前日から降った雪の除雪作業で道が混んでいる。
水上インターから出る道とぶつかると水が出ていて道は空いているようになる。
そこから約17kmくらい奥。奥利根スキー場を越えて次の信号を左折。ここから水は出ていないから雪道になる。
やや登っているここは危険だ。1台スタックすると大渋滞になるだろうな。と、思いながら。いくら四駆でも前に車がいれば動けない。

軽い峠を越えて郵便局を右折。その先を左折して細い道を更に登る。遠いや。

初めてのスキー場第2駐車場に止めてしまった。そこで用意してリフト券を。クーポン券使って4,400円。
食事券1,000円。別途ICチケット保証金500円。4,900円を払う。滑り終わった後に変換すると500円返金。

前日ネットでゲレンデマップを見ながらルーティーンを考えてと。
第6リフトで登り目指すは第9クワッド。こちらまだ準備中。一番に並んでいた方に話を色々聞いた。
2017_01_31 houdaigi 05まだ乗せそうにもないので2本滑ってきた。
ここから下のゲレンデは緩やかなゲレンデ。初心者はイイネ。
しかし雪はサラサラ。素晴らしい雪質。

2本滑って第9に戻ると並んでいた。
最初の方はそこで30分以上待っていたようだ。

2017_01_31 houdaigi 069時40分に乗せ始める。第9から3本のコースが楽しめる。リフト下は面ツル。パトロールが滑ったラインがある。

成平(なんだいら)コース。出だしは圧雪してある。ここは前日圧雪した上による降った雪が乗っかった感じだ。
たまに底づき。底は硬いようだ。
続いて第9、第10と1本づつ。徐々に荒れていくが十分楽しめる。本当に雪が良い。
こちらのスキー場は尾根沿いが多い。コース幅は狭いかな。上にリフトで登るスタイルではなく横に広がるスキー場ですね。
コース図を見ると2本登ると頂上。そこから横に動きながらリフトを向かって右に乗り継ぎながら横に広くなっている。乗り継ぎは悪くないですね。尾根と沢。沢は両方に壁があり当て込み好きな方には良いです。
2017_01_31 houdaigi 09ここもコース。






2017_01_31 houdaigi 10第7ペアリフト。
数字が大きいリフトが後からできたのかな。
第9がフード付き。これが一番新しいリフトですかね。

この第7はこのリフトだけで尾根を結んで4本コースができている。
効率いいな。尾根沿いから落とすやり方で横に広がる。
リフト本数を少なくしてコースを増やすやり方は理にかなっている。
このリフトのコースはけっこう手強いです。風が強いらしくて雪が飛んで入り口が凍っている箇所ありでした。
やはり初めてのスキー場、どこも負けました(笑)

イーグルとパラダイスは良いですね。

2017_01_31 houdaigi 082017_01_31 houdaigi 04その後は第2連絡コースで一番下のゲレンデ。
白樺ゲレンデ。ここは横広で気持ちいい。






2017_01_31 houdaigi 03数回回して満足。
リフト待ちなし。
このリフトに乗って第1連絡コースでメインゲレンデに戻れる。





2017_01_31 houdaigi 01お約束のカツカレー。
カツカレーは2つありましたが三元豚カツカレー。
厚みが凄い。揚げたてではなく上げてあるものを乗せる。

まぁこの厚みなら仕方ないですかね。
柔らかなカツでカレーは可もなく負荷もなく。
美味しいカツカレーでした。これでお腹いっぱいです。
1時過ぎまで休憩してからさて最後まで。ボードもCUSTOMに替えて。
ちょっと後ろ足荷重で滑る。良いボードです。
フード付きの第9と第7を回して最後まで。
2017_01_31 houdaigi 07この日はずっと横風との吹雪で気温は上がらず
最後まで柔らかな雪でした。
地図ではリフト1本が記載してあるが
無かったな。

こちらは第9リフトの降り口。第9リフトは4時まで。
第7リフトは3時半までと意外とお早い終了です。
4時過ぎ第8リフト乗って気持ちよく終了。良い雪と良いコースでした。

もうちょっと深いかと思いましたがまぁ楽しいスキー場でした。
横に広いので全体にバラけるからリフト待ちなし。休日はどうかな。
奥なのでそんなに混まないかと思いますがリフトは全体的に遅く昭和のレトロ感を残したスキー場。
スキー教室できた伊勢崎の高校。同じウエアで滑っていました。両親がウインタースポーツしないと
子供は群馬にいてもしないのでしょうね。小学校、中学校、高校とスキー教室は良いと思います。
ここで楽しければスキー人口減少に歯止めがかかる可能性もありますから。
どのスポーツも40、50歳代しかいないと駄目です。並ぶのがその年齢層じゃ・・・だめです。

行くスキー場の選択は何か?
1、車を持っているかどうかで行き先は変わる。
2、車で行きやすいかで変わる。
3、そのスキー場が好きで好きでたまらない。遠くてもここだと思うかどうか。
4、圧雪が多いか少ないか。最近のはやりはパウダーですがもちろんそうじゃない人もいます。
スキー場の考えで変われたりするかもしれません。
ただですね私はゲレンデ食堂で食べます。スキー場にはちゃんとお金を落とさないと存続ができなくなります。
かぐらのレストランでいけしゃあしゃあとカップヌードル食べてる人いますがこれは駄目です。
特にバックカントリーの方多い。ちゃんとお金を落としましょう。

帰りはICチケットを忘れず返却。

帰りはお初水上温泉内『ふれあい交流館』へ。リフト券を持っていくと割引有りです。
湯船はちょっと小さめ。私が入ったときは一人出てきてその後4人入ってきました。