当方がメカニックで参加するジロデホタカが30日に迫りました。
まずはジロデホタカ30日の天気を考えたい。

よく見る天気予報、マピオン。
今までの経験から寒くなると温度の一番低い時間が決まっている。
もちろん夜とかじゃなく自転車で走る時間のことだ。
ズバリ朝6時が一番寒いのだ。それを考えながら温度を考えたい。
スタート地点片品村花咲、武尊牧場スキー場の駐車場。
p20161028_1最高が11℃、最低が2℃。
私の予想は朝7時2℃予想。
曇りのち晴れですが曇=雨が降らないではない、のだ。
30%だから降らないとは思う。
スタートはいきなり5kmの下りから始まる。
最初から体が冷えるわけだそして坤六峠方面に向かうわけだがスタート地点より冷えると思う。
スタート前は入念なストレッチをして欲しい。
風が吹けば坤六峠近辺で0℃予想。
もし0℃が当たれば坤六峠頂上からの下りがさらに体感を下げるだろう。

p20161028坤六峠頂上から片品村からみなかみ町に変わる。
最高13℃最低2℃。下りはウインドブレーカーを羽織って欲しい。

坤六峠の下りで冷えた身体は藤原湖横のエイドで温めたい。
ここは去年味噌汁とおにぎりが振る舞われた。
熱い味噌汁が身体に染み渡る。
速い人は10時前にここを通過か?やはり気温は一桁だろう。
みなかみ町も結構広い。風が吹く吹かないでかなり変わるのが自転車ライド。

無風が良いよね、そして太陽が顔を出して欲しい。

みなかみ町はこの先も続く。上牧駅裏を通る石神峠。そこまでは下り基調で平地。
そして登り始める。頂上まで約5kmを登る、頂上は沼田市に変わる。
p20161028_2恐ろしいことに最高13℃最低2℃。
片品村、みなかみ町、沼田市と予報温度がほぼ同じ。
つまりどこ走っても寒いということが予想できる。


上りで汗をかいて下りで朝が冷える。インナーは速乾をオススメしたい。
そして温かい格好が良い。暑いのは我慢できるが寒いのは我慢できない。
低体温症には気をつけたい。

最高温度13℃でも下りは冷えるはず。
背嶺峠の下りが最後の下り。登りは結構キツイから汗かくはず。まめにウインドブレーカーで
対応が良いと思う。

背中のポケットにはウインドブレーカー忍ばせてください。天気次第では雪がちらつく場合もありますから。
念のため、夏用指切りグローブは手がもげますよ(笑)そしてシューズカバーは必須。
シューズはどれもメッシュ加工されてますからこれまたそのままじゃ足がもげますよ(笑)
その他ヘルメットの下にウォームキャップ、フェイスマスク等々寒さを凌ぐグッズはお忘れなく。
どんな天気も対応できるように車にあるもの全部積んできてください。

なお、当方もいろいろなパールイズミ、シマノなどのウエア、小物を現場に持ち込んで特価価格で販売しますのでぜひ御覧ください。

では参加の皆さん現地で会いましょう。