自称坂マスターkoba_ヒロの自転車で登らせていただきます

自転車で坂を登る、ただそれだけ、いろんな坂登らせていただきます。 冬はスノーボード、背中にボードかついで山に歩いて登りそして滑る、ただそれだけがたまらなく楽しい。こちらのブログはkoba_ヒロこと小林弘明が綴っています。

2018年02月

ブリヂストン『VEGAS(ベガス)』組み立てました

グリーンレーベルの中で小径車VEGAS(ベガス)組み立てました。
置いておくとポツポツ売れます。
2018_02_24 v 01今年の展示カラーはEXフラミンゴオレンジ
なかなか綺麗なカラーです。





2018_02_24 v 04こちらもおしゃれなバスケットと
暗くなると勝手にライト点灯虫搭載。





2018_02_24 v 0320インチで太いタイヤ。
内装3段切り替え。
ギヤ比の最適化でコンパクトなのによく走る。
一漕ぎで4.6m(2速時/シングル)

2018_02_24 v 06サドルもオシャレ。

適正身長が137cm~

47,304円(税込み)を当店価格42,570円(税込み)

ぜひご覧ください。

小林自転車店

ブリヂストン『シルヴァ D16』納車しました。

本日ご紹介はアンカーのロードバイクではなくブリヂストンのロードバイク。
2018_02_24 b 01『シルヴァ D16』
背の高い素敵なおじさまご購入。

このバイクはハンドルがフラットにしたFR16もありますが
ドロップハンドルを選択。

2018_02_24 b 04カラーはEXコバルトグリーン。
実はもう少し濃いグリーンです。
ちょっと薄く写っていますが。

アルミフレームとアルミフロントフォークを搭載。
ブリヂストンの自転車の中で『グリーンレーベル』と言うジャンルに所属しているシルヴァ。
『自由と、オシャレと、ブリヂストン』がキーワード。
洋服のように、似合う自転車を選ぶ。
自分にあった自転車で街を走る。
ココロガはずみ、自然と笑顔になる。
ペタルを漕ぐたび、日常が新しくなっていく。
自分らしい時間が増えていく。
それは自由で、とてつもなく、おしゃれな日々。と綴られています。

自分らしさって何?と思いますが自転車に乗ると子供のようにワクワクするのは自分にはありますね。
車社会のここ沼田市。ぷらっと自分の足であっちこち漕ぐだけで世界が変わっていくのは私の感想です。体を動かすって気持ちいい。私がやっている心拍上げて坂登って自分の限界の際まで向かうのも
一つの自転車の楽しみだとしたら、ぷらっと風を感じて遠くの空を見ながら軽く漕ぐのも自転車の楽しみ。街をぷらっと走り、あれ、こんな風景だったかな?そんなことを感じるのも自転車の楽しみです。
人それぞれの楽しみが、幾千の楽しみが自転車を乗るということに詰まっている感じはします。

このバイク後ろのカセットスプロケットギア、ロー側に大きなギアが積んでいますので坂もけっこう登れるはずです。カタログにギア比が書いていないのでまた後ほど調べましょう。

重量は11.4kg。私がいつも販売しているアンカーに比べればちょっと重いですが、そこはそれ。
96,984円(税込み)ですから。ここから10%OFFです。
2018_02_24 b 022018_02_24 b 03ほら、大きなギアを積んでいます。

今回はSHIMANOのビンディングペダルを取り付けました。

2017_10_15 shimano 04こちらのシューズも一緒に。
SPDシステムのシューズは取付金具クリートが靴底の中に入りますので
普通に歩けるのが良い。私のシューズはSPD-SL方式でクリートは出っ張ります。これならば歩くのもいいし自転車降りてからも自転車自転車していない。
ほかクッション付きのインナーパンツと汗をかいてもその汗を外に出しながら速乾性に優れたベースレイヤーもご購入。自転車は乗ると汗をかき止まると汗が冷えていきますのでベースレイヤーはとっても大事です。特に寒い時期は特にです。
2018_02_24 b 05補助ブレーキも付いていましたが付けずに組み立てました。

ぜひ楽しんでください。他ご注文の18パールイズミは入荷次第のご連絡です。

ロードバイク見たことも触ったこともないと言う方ぜひ御覧ください。
ドロップハンドルはどうも・・・そんな方にはフラットバーロードバイクもご用意あります。
ぜひご覧ください。

小林自転車店



田代、かぐらスキー場へ

p20180220オトクな県民デー。2週連続の群馬県民デー。
本日も田代エリアから、4週連続になります。
来週、再来週は群馬県民デーではないのが寂しい。

余裕で第一便のロープウェー乗車。
20人位乗っていたかな。
最近の流行かな。ノーズが長くてテールが短い。多いですね。
パウダーボードはとにかく長い。そんな昔の発想ななくなっているようだ。
短いほうが取り回しは楽だよね。しかし極端なんだよ。極端にノーズが長い。深雪はいいけど
雪が降らなくて荒れている。そんな時の操作性はどうなんだろ?
今使っているBURTONのDEEP THINKERは160cm。このサイズは問題ないな。
fishよりは普通のボード感。しかしどんなバーンも問題なし。そして今シーズンはfish使っていない。
来年はブーツとバインディングを新しくしたい。ブーツは今と同じでバインディングは1個追加したい。
実は180cmの身長だけど足のサイズは26cm、意外と小さい。BURTONの26cmはバインディングではSとMサイズどちらでもいいのだ。現在Mサイズを使っているがSサイズを使ってみたいな。Sサイズを試して良ければ今後はSサイズに変更だな。ただし今回予約した来期モデルの合計がいい値段なんだよね。ジャケットも1枚オーダーしたし。支払いできるかな?

ジャケットだけ頼んでパンツは手持ちの去年手に入れたフリーバードの黒を合わせる。これでいいな。
欠点はフリーバードって薄い。


2018_02_20 tasiro 01さて本日は雪でスタート。しかしガスも出ている。
暖かいのかな。

積雪は少しだけ。5パウくらいか。
こちらの第1リフトを4本ほど回す。ちょっと固めだ。日曜日と月曜日は良かっただろうな。
今シーズンの休日はどうも一日遅く感じるよ~

第2ロマンスリフトを1本。グルーミングされた気持ちいい。ちょっと緩いくらいの斜面がカーヴィングにはちょうどいい。奥に行く。

第1高速リフトからちょっと脇に。木の中は木に当たらないように気をつけないと大怪我になる。
ツリーランなんておしゃれな名前とは裏腹にかなりの難度。ゲレンデのように均してあるわけではなくうねりや段差、自然そのもの。先へ先へと通るルートを瞬時に判断しなければならない。
そしていつも雪質は同じではない。深い場所もあったりクラストしたり、回しにくい雪もある。
いつも同じではない。板さばきの技も必要だ。なんせラインが限られちゃうから。

チャレンジバーンに入りその横の脇にも入った。かなりクラスト気味。
最近あちこち探索しているよ。それも楽し。

2018_02_20 tasiro 022018_02_20 tasiro 032018_02_20 tasiro 04雪が降ったりガスが出たりと目まぐるしく変わる天気。
徐々に視界が開けてきた。

このリフトを乗ってかぐらメインゲレンデへ。
ジャイアントコースを滑りながらかぐら第1高速へ。
ジャイアントコースも荒れている。
高速リフトから第5ロマンスリフトへ。高速リフトを下りるとちょっと上りでスケーティング。
そこから下って第5ロマンスリフトなんですが降る前に脇へ。面ツルいただきました。距離は短いけど。

ここから2時頃まで第5ロマンスリフトから脇を止まるまで回した。いろいろ行ったね。
滑り降りると数本リフトを乗り継がないとここにも出れないから時間はかかるけど距離は滑れる。
あまり上手い方いない。荒れてくると差が出るね。

2018_02_20 tasiro 052018_02_20 tasiro 062018_02_20 tasiro 072018_02_20 tasiro 082018_02_20 tasiro 092018_02_20 tasiro 102018_02_20 tasiro 112018_02_20 tasiro 122018_02_20 tasiro 13













すごいいい日になった。
青空がいい。動いていると暑い。
インナーのダウンのファスナー下ろしたり、脇のジッバー下ろして熱抜きしたりと。
気持ちいい。
2018_02_20 tasiro 142時頃遅いランチ。しょっぱいカレーだった。

高速にもう一度乗り田代への連絡路へ。
ここもおもしろいんだよね。けっこうまだバフバフ残っているし楽しい。
落口で10人位、下を覗いている。その脇を縫ってササッと下りる。


2018_02_20 tasiro 15チャレンジバーンのリフト1本乗れた。
ここが降り口で写真を撮っているとボードを手で持ってリフトに乗った
女の子がボードを履こうとしていたら・・・
ボードが流れて行っちゃった。速いのねボード単体も。女の子が待ってと叫びながら追ったけど待つわけもなく・・・行っちゃたよ。
その女の子が一人で乗ったリフトの後ろに乗ったお友達の女の子が降りてきて、ボードが流れていっちゃたよと言ったら『マジっすか???』今の女の子の喋りおもしろいね。

その後どうなったかは知らない。

順次リフトが止まっていく。ロープウェーに戻り、そのリフトを回す。
バーンが固くなっている。
2018_02_20 tasiro 162018_02_20 tasiro 17後ろは平標山。
よく見えた。

本日は4時前に上がり。


2018_02_20 tasiro 18このあと宿場の湯で一風呂入り帰宅。

この日はトラブルなく怪我なくいい一日でした。


ANCHOR 18モデル RL6W EX 420mm エッジコーラル 組み立てました

2018_02_19 a 01年々数人ずつ増える女性自転車乗り。
今回のご紹介はアンカーウーマンモデル。
『RL6W』こちらはアルミフレームとカーボンフォークの組み合わせ。
同じRL6がありますが実はフレームの作りが違います。

2018_02_19 a 02ウーマンモデルはフレームのつなぎ目が平らです。
しかし男性用RL6は溶接跡があります。
意識的に強度を落としています。
ゆえにウーマンモデル。体重もパワーも違います。
路面をきっちり捉えながらちょうどいい強度で造る。よくできたアルミフレームです。

2018_02_19 a 022018_02_19 a 04ブラックの車体色にコーラルカラーを
各所で入れる。
綺麗なカラーにまとまっています。


2018_02_19 a 05補助ブレーキが付属されている。
初めてのドロップハンドル。ここでもブレーキを掛けられます。
もちろん付けない仕様にもできます。
今回のモデルは420mm。適正身長は149-160cm近辺。

コンポーネントはSHIMANOのSORAを搭載。フロント50-34Tコンパクトクランクに
カセットスプロケットは12-27T。

135,000円(税込み)を当店価格121,500円(税込み)
春キャンペーン開催中防犯登録とTSマーク保険プレゼント。

ぜひご覧ください。

小林自転車店


BURTON FLIGHT ATTENDANT SPLIT

4年手元にあったスプリットボードを出してみた。
もう手元になくなったスプリットボード。青空のもとペタペタと山を登る。これだけでけっこう楽しいのだ。確かにリフトに乗ってゲレンデのパウダーを滑る。これはこれでとっても楽しい。
しかし汗をかいて登りそして滑る。滑る時間は登る時間に比べれば一瞬、でも楽しいんだよね。


2018_02_18 b 01当方BURTONに始まりそして今もBURTONだ。
もちろん嫌いな方もいるわけだ。
でも誰がなんと言おうと好きだ。

こちらFUIGHT ATTENDANT SPLIT。





IMG_0819IMG_0818予約してしまった。
同じネーミングで2種類発売。
一つはコアが軽い。
私が頼んだのは安い方とは言え良い価格だ。

サイズは163cm。
ほかの数値はよくわからないので3月初めに
内金入れながらジョイントハウスに行く予定。
多分呼び名は変わっているがSロッカー。
後ろ足荷重しなくても浮いていきそしてどんなバーンでも扱いやすいボードのはずだ。やはり扱いやすいというのが一番のアドバンテージになるはずだ。
そしてチャネルシステム。これでセッティングが思いのままになるはずだ。

2018_02_18 b 03こちらがバインディング。


IMG_0807IMG_0803






トゥストラップが新しくなっている。
バインディングを付けながら自由に動かしセッティング、そしてビス止めはそのままできる。
いいね~

2018_02_18 b 04クランポン。
ボードにシールを貼って登るわけだが氷の道は弱い。
凍っていてなおかつ片斜面とかは登りづらい。

このクランポンを氷に噛ませて登りやすくする。




2018_02_18 b 02こちらはシール。
これを裏に貼って前に進んでからちょっとだけ後ろに引くと
シールの毛が立って雪面を噛む。

伸び縮みするストック。
二年前に勝ったオスプレーのリック。

ほぼ2年バックカントリーはしていないが急に楽しみになるから不思議だ。
無茶はしないで撤退することも考えて、ゆっくり楽しみたい。



2014_01_14 oguna 07またここを登って滑りたい。
記事検索
最新コメント
koba_ヒロのサイクルコンピュータ 自転車毎日乗ってます。
月別アーカイブ
プロフィール

koba_ヒロ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ