自称坂マスターkoba_ヒロの自転車で登らせていただきます

自転車で坂を登る、ただそれだけ、いろんな坂登らせていただきます。 冬はスノーボード、背中にボードかついで山に歩いて登りそして滑る、ただそれだけがたまらなく楽しい。こちらのブログはkoba_ヒロこと小林弘明が綴っています。

2017年06月

ブリヂストン 『Green Drive』並べました。

2017_06_17 b 01ブリヂストンが最近力を入れている部門。
『Green Drive』
自転車用ケミカルになります。

左から
マルチハイパフォーマンスルーブ
走りのパフォーマンスを高める高性能潤滑オイル
漕ぎ出した瞬間から実感できるほどの高い潤滑性能
フッ素樹脂密着技術による高耐久&高耐水性
摩耗が発生するあらゆる箇所に使用できる多様性
環境に優しい

税込み2,700円を当店価格税込み2,430円

中央
ウォーターレスマルチクリーナー
フレームパーツを水なしで洗浄できるマルチクリーナー
塗装やパーツを傷めにくい
素材に優しい成分
ノンシリコーンタイプでブレーキ洗浄にも使用可能
1,080円(税込み)を当店価格970円(税込み)

画像右側
ハイパフォーマンスフレームコート
バイクに優しい非石油系高性能コーティング剤
驚くほど水を弾く高い撥水、滑水性能
新車の光沢感を引き出す高い艶出し効果。傷埋め効果
フレームへの攻撃性が少なく、人体にも優しい
付着したブレーキダストや砂も水洗いで簡単に洗い流せる優れた防汚性
シリコーン、ケイ素樹脂
ボトルタイプ マイクロワイバータオル付属
2,480円(税込み)を当店価格2,230円(税込み)

ぜひご利用ください。

小林自転車店

本日の朝練『白沢峠』

前日の大雨は昨日のうちに止んだ。天気予報通り。朝練できるはずと思って起きた。
風の音が唸りを上げるがスタート。1分遅れてミニストップに。ひでさんが待っていた。
二人でスタート。ゆっくり走る。田園プラザに6時20分。交差点近辺に一人。
3人で登り始めるが自分のペースで登った。ここ白沢峠は。峠に入ると風の影響が無くなる。
それが良い。
一人淡々と登る。調子は良い。昨日朝練雨でお休み。休むと違うよね。
いいペースで登れいている。
望郷ラインClimb 3.9km 平均勾配6%。14分25秒。

そのまま下って生枝川久保の信号で折り返す。
そこから約1.3km辺りでひでさんが下ってきた。

白沢ステージ 3.3km 6% ここは一旦降る場所がある。時速40kmオーバーになるところがあるが
それを加味しても6%だから他は傾斜はきついということだ。

タイムは12分20秒。徐々に上がる心拍も172まで上がる。結局両方の登りを全力で登った。

2017_06_22 asaren 01空はグレー。雨降りそうな予感はあるが
天気予報はこれから晴れるようだ。














2017_06_22 asaren 02ひでさんも全力アタック?
いいタイムでたかな?

下って今朝はそのまま帰宅。
ひでさんはヨット峠に消えていきました。
さぁ間に合うか。帰宅の道を全力で。ほたか病院に横の坂を時速24kmオーバー。
なかなか良いよ。
その後も間髪入れずに全力に持っていく。抜いていった車の横を通りながら陸橋前の信号。左折の車に注意しながら先頭に出てダッシュ。黒い軽が無理やり抜いていく687◯。しかし軽自動車が多い。
信号があるから。その車陸橋上からの坂も猛スピードで下りていった。
時速70kmは出ていたかも。でも変わらないんだよね。日本は信号多いから。ほらヤマダ電機の信号で引っかかる。車なんて楽だな。誰でもアクセル開ければスピード出るから。日本人は乗っているもので
自分より格下と思っちゃう民族だよね。自分も気をつけよう。

ここからクールで自宅まで。いい練習できました。

はい、なんとか間に合いました『moco`sキッチン』
今朝はマカロニの大きいのを使ったパスタ風。トマト味で上にモッツァレラチーズを乗せる。
溶けて旨そうだった。約3分見られました。

本日の走行 34.4km
p20170622スコア58 レッドポイント30
ゾーン4 18分30秒 21(161-179)
なかなか頑張ったね。

ANCHOR 『RL6W EX 420mm』納車しました。

2017_06_20 rl6 01今回納車したのがこちらです。
ANCHOR 『RL6W EX』
エッジ・スタイル ミントカラー


カワイイ中学生がご購入です。
小さい頃から当店でブリヂストン自転車をお選び頂いていて今年の4月にはアルベルトを
お選びいただきました。

今年の望郷ラインセンチュリーライドにエントリー。40kmのコースを走る予定だそうです。
望郷ラインセンチュリーライドはアップダウンが激しく。スタートは平坦ですが約5kmをまず登り。
約7.5kmを下る。そして往復になるので今度は逆に7.5kmを登り5kmを下るわけです。
夏に行われるイベント。元気に完走してください。まずは練習ですね。


2017_06_20 rl6 02補助ブレーキが付いています。
ブレーキレバーは一番手前にセッティング。



2017_06_20 rl6 03シートも女性用。





2017_06_20 rl6 04ベースの黒にミントカラーが映えます。

今年からラインナップに加わったRL6。
アルミフレームとカーボンフォークの組み合わせ。
ANCHORのプロフォーマットで作られたこのフレームはアルミとは思えない良い仕上がりです。
135,000円(税込み)を当店価格121,500円(税込み)

元気に事故なく楽しんでください。

小林自転車店

本日の朝練『白沢峠、ヨット峠、玉原』

いつもの目覚ましより15分早く鳴るようにセット。5時5分(苦笑)
それはお餅食べる時間(笑)

早く起きたおかげでいつもの時間にスタート。
ミニストップには誰もいなくてゆっくり一人旅。
先週末の朝練が効いている。月曜日は朝練お休みしてまたこの日から再開。

田園プラザに一人いた。二人で登りだす。
こちら側はゆっくり。まだ朝は冷える。レッグカバーを付けている。
下って生枝川久保の信号を折り返して登りだす。ちょっとペースを上げる。
インターバルトレーニングをする時は下から全力で登るわけだが奥利根フィッシングの辺りから勾配がきつくなる。そして約1.2km地点近辺もきつい。このエリアを時速15kmオーバーで登りたいがなかなか
そのようにできないのがもどかしい。

2017_06_20 asaren 01白沢ステージ3.3km 12分10秒。なかなか調子いい。

この日はちょっと涼しい風が登るにはちょうど良い。
空が青い。日中は暑くなるようだが。

田園プラザに降りてラインが1本。
一人合流してヨット峠へ。
こちら側は白沢峠に比べると車が多い。
後に気をつけながら今度は玉原へ。

迦葉山と玉原の分かれ道手前が舗装を剥がして工事中。
ほんの15mダートでした。パンクしないように気をつけて。

本格的に登り始めて玉原スキー場まで約9.6km。この日はゆっくりのゆっくり。
玉原登りはとにかく風景が良いんだ。前半強清水の滝までは左手に川が流れる。
一段下なので幻想的な風景だ。光が届かない暗めの風景が良い。

強清水の滝を越えて右に大きくターンして一段さらに標高が上がっていく。今度は右手側に徐々に
風景が広がってくる。その先左に大きくターンさらに上がる。左手に遠くの山々が見えだす。

ここから登ってきた道が見え始める。榛名山ヒルクライムはまったく風景が見えない道だが
あの道を登ってきたと思うと人力で標高を稼いできた自分が誇らしく思えるのだ。
車やオートバイがビューンと横を楽に通る。そんなものは誰にでもできる。

汗を流して自転車で登る。生きてる感が凄いね(笑)
ドイツに『トラックいっぱいの薬より1台の自転車。』そんな格言があるとか。
わかるよ。約9年ほど自転車乗ってきて自分の体の変化がすごいから。89kgだった体重が
今は74kg。もちろん冬は増えるが4月半ばから実走を始めて冬の体重から約3.5kg落ちた。
現在落としている最中なので72kg前後の推移にする予定です。
無理な痩せ方ではなく健康的に痩せるのが良いよね。

2017_06_20 asaren 02えっちらほっちら登っていく。玉原湖を越えて玉原スキー場へゴール。
コーラが旨いよ。
今度の週末からたんばらラベンダーパークとしてオープンだそうだ。

2017_06_20 asaren 03ラベンダーが鉢で置いてあった。
ここが1250mくらいの標高。
空気が冷たい。

2017_06_20 asaren 042017_06_20 asaren 05玉原湖。
風が気持ちいいね。



2017_06_20 asaren 06遠くに赤城山。
白沢峠より遠く見える。



2017_06_20 asaren 07こちら強清水の滝。

寒いほど冷える。
マイナスイオンが凄いね。











2017_06_20 asaren 08みのやでうどん。
なぜかな、汗流して登ると熱いうどんが美味い。
下りは冷えるからね。

2017_06_20 asaren 09いい風景だ。

ここを下るとサラダパーク。
そしてヨット峠へ。
いつものルートで帰宅。ポタリングデーでした。

p20170620こちらは朝からみのやまで。間違ってここでリセットしてしまいました。
ここまでは61.7km
スコア90 レッドポイントが7、レッドポイント7は白沢ステージで登った時のみ。ゾーン4が4分30秒 2%(161-179)少ない。
p20170620_1こちらはみのやから帰宅時。
走行 18km スコア19レッドポイント5
ゾーン4 3分20秒 7%

本日の走行 79.7km

本日の朝練『玉原ヒルクライム』

富士ヒルクライムに出場したスーパーアスリートにKNさんがその日にお土産を持ってくれた。
桔梗屋の信玄餅頂きました。それとそこの桔梗信玄生プリン。これはねぇレア商品です。
きなこの香りが抜けますね。そして黒蜜をかける。かなりうまかったです。

そのKNさん出しきらずにレースが終わったらしい。それでも1時間16分。やはりコースをぶっつけ本番は違うのでしょうね。それでもこのタイム、1時間10分位で走れそうです。彼の凄いところは自転車メインじゃないこと。他もやりながらだから自転車職人ではないのです。ゆえにスーパーアスリート。

その彼に『今度玉原でもどう?』と言ったところ『今度の日曜日の朝は大丈夫です。』それで
玉原ヒルクライムしたわけです。

木曜日にfacebookにイベント立ち上げた。久しぶりだ。
『私、ほぼ毎日走っているので気楽に参加してください。』としか言いませんが今回は
私のスマートフォンに入っているお客さんに案内メール等々。
facebookしない人もいますので。

そして集まったのが私を入れて5人。KNさんとマッチレースかと思いきや急に立ち上げた割に
集まったかな。

さてヒルクライムレースとなれば何するかって。今回は重量を考えた。
2017_06_19 l 012017_06_19 l 022017_06_19 l 03いつものライト
230g

ツールボックス
430g

テールライト
45g

計705g
あっという間に
凄い軽量化だ。

ツールボックスからチューブ1本とタイヤレバーをポケットにねじ込む。

空気はMAXで。モバイルポンプはどうしようか?誰か持っているから良いんじゃないとも
思ったが結局付けて行った。

バナナ1本と味の素のアミノバイタルを2種類を起きたての身体に入れる。
ちょっと寒いが今朝はレッグカバーを付けずに。
ミニストップにKNさん。側道通ってスタート位置に。
2017_06_18 asaren 01こちらのメンバーで。
スタートはタイム順で。



2017_06_18 asaren 02素敵なおじさまが二人スタート。
私が4分遅れで。
そしてフレッシュ高校生TKHSさんがさらに30秒。
30秒ハンディ頂きました(笑)
その後さらに3分遅れでKNさん。
p20170618_2まずは緩斜面のタイムをいかに削るかを考える。
こちらはプライベートに設定してある
池田TT。これはTTバイクで練習のために作った。
3.6km 3% タイムは8分25秒。今までのレコードタイムと同じタイムを出している。悪くはない。これは上発知の信号まで。サラダパークの入口ですね。
p20170619_1これはプライベートからオープンにしてみた同じコース。
KNさんに35秒負けてるね。ここで3分30秒ハンディの
35秒吐き出した計算だ。
TKHSさんとはほぼ同じだ。
ここの信号に10秒捕まった。手前から青信号に変わるまでゆっくりだったから・・・痛い。
信号無視は厳禁です。

ここからゴールまで信号なし。いよいよ傾斜が上がってくる。
迦葉山と玉原の分かれ道で一人クリアー。
そして先100mに一人。抜いていく。

順調です。しばらく一人旅。
最後の家が左手に。その先あたりでTKHSさんに追いつかれた。ダンシングで小気味よく
登っていく。まぁ悔しい。昨日も同じメニューで走っていたから疲れとかは関係なく抜かれた。

しばらく目の届く範囲でついていくが徐々に離れた。行ってしまった・・・

そしてまた一人旅。スーパーアスリートKNさんが追いついてきたのは強清水の滝辺り。
ちょうどスタートから10km。ここで3分30秒のハンディが埋まってしまった。
これまた目の届く範囲でついていくが徐々に離れる。10kmで3分30秒負けるんじゃついていけないね。

残り約5km、けっこう頑張った。タンバリン看板10番近辺が傾斜が一番きつい気がする。
p20170619玉原ヒルクライム
15.3km 平均5% 標高獲得765m
タイム52分35秒。
10秒更新。
p20170619_2優勝KNさん 45分38秒(現在玉原ヒルクライムチャンピオン)
2位 TKHSさん 49分08秒
3位koba_ヒロ 52分35秒
4位ひでさん 1時間10分14秒
5位MNWさん 1時間23分42秒。

2017_06_18 asaren 03ひでさん




2017_06_18 asaren 052017_06_18 asaren 06MNWさんとTKHSさん。




2017_06_18 asaren 08左スーパーアスリートKNさん。
右koba_ヒロ



2017_06_18 asaren 07KNさんは仕事で先に下って。
皆さんよく頑張りました。




去年のタイムから10秒更新でなかなか良い。やはり一緒に走るとタイムは上がる。
一人ですと心拍が上がらないですからね。

KNさんは富士ヒルより追い込めたそうです(笑)
3分先に出たTKHSさんが見えながら最後は追いつけなかったとのこと。
TKHSさんは後に見えてからさらに頑張ったとのこと。

また7月に開催しようと思ってます。参加の方は遠慮しないで声かけてください。
どこで買おうが、どのブランドだろうが関係なし。汗流して走るだけです。

KNさんとTKHSさんの走り見るとけっこう心に来るものがある。
自分の走り以上の走りを見るとよし頑張ろうなんて思っちゃうし。

また精進しましょう。

登ってきた道を下って最後は木田坂登って事故なく良いヒルクライムできました。

本日の走行 41.8km

p20170618_1スコア102 レッドポイント82
ゾーン4 49分25秒 49%。(161-179)
往復の半分がゾーン4、つまりヒルクライム中はゾーン4ですね。

頑張ったよ~
ゾーン5がなし。180以上はなかなか回らないということか。

記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

koba_ヒロ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ