自称坂マスターkoba_ヒロの自転車で登らせていただきます

自転車で坂を登る、ただそれだけ、いろんな坂登らせていただきます。 冬はスノーボード、背中にボードかついで山に歩いて登りそして滑る、ただそれだけがたまらなく楽しい。こちらのブログはkoba_ヒロこと小林弘明が綴っています。

2016年10月

ジロデホタカ2016出場しました。

毎年メカニックでお手伝いに行っている『Jiro de HOTAKA 2016 』(ジロデホタカ)。
地元開催とマニアックなコース、この大会は外せません。
毎年のことですが冷えないように、雪ふらないように、雨降らないように。いい天気でありますようにと
1週間前になると祈ります(笑)
この日も寒かったが去年に比べるとまだまだましでした。スタート地点は2℃ですからね。
しかし違うのが風が吹いていなかった。それが一番嬉しい。

DSC_7124この地区初めての方が驚くのが寒さで
グローブ、フェイスマスク、レッグカバーなども数枚売れました。

もっと売れると良いのだが(笑)




DSC_71257時スタートここから約5km下り。
寒いのに更に下って寒くなる。

私は7時ちょい過ぎに業務終了で
そこから用意してスタートは7時20分。
孤独のスタートでした。


14902704_1007709716023876_4454611851315822024_o (1)こんな格好でスタート。
あまり寒いというのも大会関係者に
『寒い寒いと言わないでよ~。』と言われそうなので。

スタートから120号に出る。
セブンイレブンがあってその先工事中で片側車線。
そのあたりから7時スタートの方が見えてくる。もう追いついちゃった。
サイクリングイベントなのですがやはり先行者が見えてくるとペースが上がっていきます。
ポイントはカッコよく抜くこと。

14856064_1007710059357175_4654098866537505932_o片品大橋を渡って401号線に乗る。
バンバンいるからバンバン抜いちゃう。
120号から上り基調の道で401号も緩やかに登っている。
尾瀬戸倉から左に入り鳩待峠方面へ
入る。一旦下るがまた登りの始まりだ。
速い人はもう行っちゃったから。

DSC_7126坤六峠手前はいい色でした。

川の流れもイイネ。





DSC_7129赤や黄色が入り交じったグラディエーションが
ちょうど良い。

今年の紅葉は遅かったかな。

10月前半から中盤は去年に比べると暖かでしたから。








DSC_7130DSC_7131




右に行くと鳩待峠。
尾瀬の入り口。

コースは左、坤六峠(こんろくとうげ)





DSC_7133頂上手前でTKHSさんに追いついた。

66歳の方でとても速い方です。
この峠でかなりの人数抜いた。
ついてくる人は皆無でした。



DSC_7137こちら坤六峠頂上。
片品村が右側、登ってきた方。
そして左がみなかみ町、これから長い下りが始まります。

ここでコンソメスープにアンパンといただき
下りスタート。去年より車少なかったな。
紅葉見に来た車には要注意。
突然止まる車あるからね。あまり接近しないほうが良い。
宝台樹スキー場近辺からはアップダウン。バンバン踏んでいくのだ。
DSC_7139照葉峡界隈は見るところが多い。

たまに止まって滝見たりとサイクルイベントは
こうでなくちゃ。




DSC_7141スノーシェイドからの
紅葉は幻想的です。






DSC_7143こちら藤原ダム横のエイド。
味噌汁におにぎり。






DSC_7142はい、コーヒーさんに追いつきました。

また先行っちゃったけど。





DSC_7145毎年写真取る藤原ダム。







DSC_7146途中ランチタイム。

後を気をつけながら
水上駅前へ。
後付いてきちゃ困るもんね。
中華木村さんまだオープンしていなくて
隣の隣かなそば屋のカツカレー。熱かったな。
入ってきたところに戻って再スタート。

上牧駅裏から石神峠へ。ここでもバンバン抜いたよ。
皆さん頭うなだれてる。下しか見ないで諦めたように漕いでました。
誰も喋る人いなくてちょっとおかしい。

石神峠頂上でエイド、いなり寿司を一つ放り込んで下る。
池田トンネル手前から望郷ラインへ。
14883524_1007710652690449_653589909005808409_oカッコよく漕ぐのだ。





サラダパークからヨット峠へ。
川場に入り次は背嶺峠。太郎で最後のエイド。ここでコーラを補充。
レーズンパンをいただく。TKHSさんがここにいた。一緒にスタート。

この峠は最後の難関。キツイ傾斜もある。皆さんうなだれてるね。ほら紅葉見ようよ。
14859798_1007712546023593_1868312275090556112_o






14855937_1007712726023575_7870685340262874640_o
ほら、いい景色だよ。

先行者はみんな抜くのだ。

まだまだ元気だ。

このコース2周回でレースしたら面白いだろうな。

最後は私一人でゴールとか。
面白そうだ。




頂上はトンネル。そこから下っていくと鐘を鳴らしてくれた。ほらもうすぐ終わりの合図さ。

下って左に曲がり最後の5kmを登る。

ここでトラブル。後がぐにゃっと。パンクだよ。もうちょっとこのまま頑張るか・・・
と、思ったが無理そうなのですぐ決断。修理の横でさっき抜いてきた人たちがまた抜いていく。
もうねダッシュでチューブ交換。ちょうどサポートカーが。モバイルポンプじゃ時間と労力がかかる。
フロアーポンプで空気を入れる。そこからまたダッシュで加速。
抜かれたら抜き返せ。一番心拍上がったかも。
14884715_1007712982690216_8582519982700057601_o14917149_1007713112690203_6895108692418947476_o14856180_1007713219356859_3016594589660170898_o





ゴール。
漕いだ時間は5時間8分でした。
タイムは6時間ちょっと。20分遅れスタートとカツカレーの時間が多くなっちゃたね。
エイドもまったりしていたし。先頭集団はドコにも寄らないそうだ(笑)凄い。

ゴール後豚汁に炊き込みご飯をいただきました。冷えた身体が喜びました。

この大会本当に面白いコースだ。ここを走れればどこでも走れるよ。
遅かった方も走りきれた方は自信を持って大丈夫です。

スタッフも温かくて情熱こもった大会運営です。良い自転車イベントでした。
あのミスター乗鞍の村山利男氏も参加してくださってレーパンスタイルで走っていました。
気合が違うね。気さくで面白い方です。村山氏の本も出ていますのでサインもらう方もいらっしゃいますから。

打ち上げにペンションつかささんで村山氏とイベント参加者数人、スタッフと宴会。
来年は時間ある方はぜひ後夜祭もいかがでしょうか。

辛い坂道も終わっちゃえば達成感と来年まだ参加しようと思っちゃうから不思議ですね。

また来年会いましょう。

撮影はKさん。かっこいい写真ありがとうございました。サポートもありがとうございました。
p20161031さてデータ分析
スコア251
レッドポイント112
ゾーン4 1時間7分15秒(161-179)22%
ゾーン3が43%と多い。ここをもう少しゾーン4へ上げたい。
しかし坂が多かったが下りも多い。まぁ頑張ったんじゃないかな。
平均速度が時速23.6kmだしね。火曜日に走って以来4日間休足したから調子は良かったです。
左足の膝裏がちょっと痛かったかな。朝痛み止め1錠服用しました。


本日の走行 121.5km
 

営業案内

10月30日(日)は当方、地元イベント『ジロデホタカ』のお手伝いで
店には不在です。
営業はしていますが難しい依頼はご遠慮ください。

よろしくお願いします。

小林自転車店 小林弘明

2015_10_25 hotaka 04

 

武尊山は怪しい雲に覆われて。

DSC_7109こちらの画像は昭和村の赤城原から
武尊山を見た画像。

左側の平らな山が三峰山。
本来右側に武尊山が見えますが
怪しい雲に覆われています。
明日のジロデホタカ寒そうだ。 

SHIMANO WHEEL SYSTEMS 2017 小冊子入荷しました。

DSC_7110SHIMANOのホイール小冊子入荷しました。

2017の目玉はDURA-ACEのモデルチェンジ。
9000シリーズから9100シリーズと変わります。

C50シリーズがC60に。
C35シリーズがC40に変わります。
C24シリーズはC24になりますがもちろん
9000シリーズから9100シリーズへ。



DSC_7111『勝利への方程式』






DSC_7118オプトバルスポークシステム
11Sに合わせた技術。





DSC_7120デジタルコーンベアリングアジャストシステム。
メンテナンス性はかなり向上しています。
アンギュラコンタクトカップ&コーンベアリング採用。




DSC_7119カーボンテクノロジー
カーボンラミネート構造。





DSC_7121WH-R9100-C60シリーズ
カーボンチューブラーとカーボンコンポジットクリンチャー。

高速走行を目的の方に。



DSC_7122WH-R9100-C40
カーボンチューブラー
カーボンラミネートクリンチャー

クリンチャータイプは9000シリーズより価格が下がっています。
前後セット215,588円(税込み)
こちら当方も購入予定。もちろん10%OFFで取付工賃サービス。
予約中につき特典を考えています。
クリンチャータイプは前後合わせて1500g、かなり軽い仕上がりです。
オールマイティーに使えるホイールと思っています。
DSC_7123WH-R9100-C24
カーボンラミネートクリンチャー
定番の1品。
おすすめです。



小冊子ありますのでぜひご覧ください。テーブルの上においてあります。
お持ちください。

小林自転車店






  







 

ジロデホタカの日の天気は?

当方がメカニックで参加するジロデホタカが30日に迫りました。
まずはジロデホタカ30日の天気を考えたい。

よく見る天気予報、マピオン。
今までの経験から寒くなると温度の一番低い時間が決まっている。
もちろん夜とかじゃなく自転車で走る時間のことだ。
ズバリ朝6時が一番寒いのだ。それを考えながら温度を考えたい。
スタート地点片品村花咲、武尊牧場スキー場の駐車場。
p20161028_1最高が11℃、最低が2℃。
私の予想は朝7時2℃予想。
曇りのち晴れですが曇=雨が降らないではない、のだ。
30%だから降らないとは思う。
スタートはいきなり5kmの下りから始まる。
最初から体が冷えるわけだそして坤六峠方面に向かうわけだがスタート地点より冷えると思う。
スタート前は入念なストレッチをして欲しい。
風が吹けば坤六峠近辺で0℃予想。
もし0℃が当たれば坤六峠頂上からの下りがさらに体感を下げるだろう。

p20161028坤六峠頂上から片品村からみなかみ町に変わる。
最高13℃最低2℃。下りはウインドブレーカーを羽織って欲しい。

坤六峠の下りで冷えた身体は藤原湖横のエイドで温めたい。
ここは去年味噌汁とおにぎりが振る舞われた。
熱い味噌汁が身体に染み渡る。
速い人は10時前にここを通過か?やはり気温は一桁だろう。
みなかみ町も結構広い。風が吹く吹かないでかなり変わるのが自転車ライド。

無風が良いよね、そして太陽が顔を出して欲しい。

みなかみ町はこの先も続く。上牧駅裏を通る石神峠。そこまでは下り基調で平地。
そして登り始める。頂上まで約5kmを登る、頂上は沼田市に変わる。
p20161028_2恐ろしいことに最高13℃最低2℃。
片品村、みなかみ町、沼田市と予報温度がほぼ同じ。
つまりどこ走っても寒いということが予想できる。


上りで汗をかいて下りで朝が冷える。インナーは速乾をオススメしたい。
そして温かい格好が良い。暑いのは我慢できるが寒いのは我慢できない。
低体温症には気をつけたい。

最高温度13℃でも下りは冷えるはず。
背嶺峠の下りが最後の下り。登りは結構キツイから汗かくはず。まめにウインドブレーカーで
対応が良いと思う。

背中のポケットにはウインドブレーカー忍ばせてください。天気次第では雪がちらつく場合もありますから。
念のため、夏用指切りグローブは手がもげますよ(笑)そしてシューズカバーは必須。
シューズはどれもメッシュ加工されてますからこれまたそのままじゃ足がもげますよ(笑)
その他ヘルメットの下にウォームキャップ、フェイスマスク等々寒さを凌ぐグッズはお忘れなく。
どんな天気も対応できるように車にあるもの全部積んできてください。

なお、当方もいろいろなパールイズミ、シマノなどのウエア、小物を現場に持ち込んで特価価格で販売しますのでぜひ御覧ください。

では参加の皆さん現地で会いましょう。



 
記事検索
最新コメント
koba_ヒロのサイクルコンピュータ 自転車毎日乗ってます。
月別アーカイブ
プロフィール

koba_ヒロ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ