自称坂マスターkoba_ヒロの自転車で登らせていただきます

自転車で坂を登る、ただそれだけ、いろんな坂登らせていただきます。 冬はスノーボード、背中にボードかついで山に歩いて登りそして滑る、ただそれだけがたまらなく楽しい。こちらのブログはkoba_ヒロこと小林弘明が綴っています。

2016年09月

武尊山月間 本日の朝練 玉原ヒルクライム

STRAVA に資金を投じたつい最近。いま現状の自分を再確認すべきデータ収集を始めた。
しかし雨が多い。明日の朝も雨らしい。この雨がいいのか悪いのかはわからないが雨ならば走ることはない。
一日に置きに雨が降るとすればちょうど良い休足日になるのかなといい方向に考えるしかないです。

昨日から予定していたデータ収集。玉原を登ってきました。
そのため玉原ヒルクライムのみをSTRAVAで測定しました。今朝は全行程は測っていません。

p20160930_2コースはこちら『玉原ヒルクライム』これは私が作ったコース。
赤城山ヒルクライムよりは短いがなんとなくコースの登る感じが似ている。
前半5kmは緩斜面。その後から勾配がキツくなる。

15.3km 平均勾配5% 高度差765m

ベストタイムは2016年7月31日
平均速度17.4km/h 平均心拍162 パワー261W 平均上昇速度867.2 タイム52:55

今朝のタイムは2016年9月30日
平均速度17.2km/h 平均心拍数163 パワー251W  上昇速度853.7 タイム53:45
50秒落ち。一人で走ってですから、まぁ頑張ったかな。ベストはコーヒーさんが引っ張ってたし。

p20160930今までのタイムの歴史。
徐々にタイムが上がっている。



赤城山ヒルクライム大会は2,012年の赤城山ヒルクライムは1時間20分台。
この記録がベストタイム。今年は1時間23分20秒。
去年がたしか1時間24分台。去年が一番遅い。
このタイムを来年の大会を目指して1時間20分切りを目標に鍛えます。

p20160930_3まず欲しかったデータがこれ。
スコアが54でレッドポイントが25
レッドポイントはワークアウトの強度を表す。
数値が多いほど頑張っていると言うこと。
スコアにいかにレッドポイントを近づけるかが目標になる。
ゾーン3が37分で68%、ゾーン4が15分で28%。ゾーン5がなし。
やるべきことはゾーン3の数字をゾーン4に増やすこと。これにより速度が上がるわけだ。
同じ玉原ヒルクライムを定期的に走りこの数字を確認しながら後に繋げていく。

そのために必要なのはやはりインターバルトレーニング。心拍数を挙げられない原因はなんだろう?
その負荷に耐えることができないからだ。週1でいい。白沢峠インターバルをしよう。
ただ漫然と走るだけではなく今朝はこれをきっちり。今朝は軽く。違う日はロング。
これから考えながら走るようにして休足日も設けよう。

まずは一つずつするのだ。そして同時に体重の軽量化。これでいこう。

2016_09_30 asaren 01こちらスタートの信号。
ここから一人黙々と走る。

緩斜面5km。
そして山道に10km。
良いコースだ。昨日の夕方から気温が変わった。
やっと変わった。空気が冷たい。去年はもう上下10℃バージョンを着ていた。
下発知の信号までが緩斜面。その後から徐々に傾斜がキツくなる。

もちろんハンドルには熊鈴付けて。スクールバスが玉原のペンションに向けて追い越していく。

玉原湖を越えて右に曲がる。スクールバスが生徒を乗せ終えて下ってくる。
2016_09_30 asaren 02ゴールは玉原スキー場のリフト券売り場の建物。
ひっそりとしている。

夏季営業は9月上旬で終わって7時半頃から
従業員が登ってくるのだ。


2016_09_30 asaren 03良い天気だ。
明日の朝は雨の予報。

明日の朝はちょっとアンカーフィッティングマシンを
漕ぐ予定。
漕いだらまたアップします。

最後は木田坂登って終了。

いい練習できました。

本日の走行 41km

本日の玉原ヒルクライム 

CYCLE MODE 2016

p20160928毎年行っているサイクルモード
また案内が届きました。 
開催が11月の4、5、6日
千葉県の幕張メッセで開催です。
試乗もできますので乗ったこと無いバイクを乗って確認できます。
ただ残念なのはANCHORは出店していません。数年前はしていたのですが残念ですね。

DSC_6846 見たことも触ったこともないパーツも盛り沢山です。
手にとって触れて説明を聞いていい機会ですね。










DSC_6847当店に4枚無料チケットがありますのでプレゼントします。

当店以外で買った方もOKです。
チケットくださいと言ってください。
私がいるときにお願いします。
次の火曜日は休みになりますのでご注意です。

小林自転車店





 

武尊山月間 本日の朝練 白沢峠 ヨット峠 木田坂

赤城山ヒルクライム大会を終え今年のヒルクライムレースは終了です。
最後に控えるのは『Giro de HOTAKA(ジロデホタカ)』 
このイベントがかなり面白いコース。もう少し長いコース設定にすればツール・ド・フランスのコースになりそう。
あと50km長いと良いな。
でこのイベントが10月30日開催。是非参加ください。
本当に利根沼田は良い坂がいっぱいです。

とくにこのイベントのために朝練の内容変更はないのですがワンランクレベルを上げたくて。
登る平均速度を上げたい。上げるためにポイントとしては何か?をこれから考えていきながら走るのだ。
ハルヒル、赤城山ヒルクライムと下がりもしないけど上がりもしないという今の現状を打破するのが
来年への目標になります。

赤城山ヒルクライムで私が参加したクラスE。50歳代のグループになります。
トップは1時間2分17秒で走る遠藤修さん。年齢は不明ですが50歳代なわけです。
私が51歳で50代では若い方の部類です。

この遠藤さんがどんな練習しているかわかりませんが同じ人間で同じ50代。
このチャンピオンに勝てるとは全く思いませんが今までやってきた継続練習にもう一つスパイスを加えてみようと思う。それはおいおいこちらに書く予定です。

赤城山ヒルクライム終えて2日休足して今朝から朝練開始。
いい調子で回ります。ミニストップには誰もいなくて一人旅開始。
赤城山ヒルクライムのバイクのまま。ホイールはDURA-ACE C24 TLのまま。軽くて最高。
来年はもう少し軽いチューブラータイヤ使おうかな。
そのバイクにライトとテールランプが付いた状態。軽くて最高です。
永井酒蔵の信号までのストレートで時速30kmに乗せる。いい調子。
田園プラザも誰もいなくて白沢峠に登る。ちょっと登ってちょっと下ってそこから3.9kmを心拍数を上げていく。

3.9km 6% 高度差240mを14分10秒。まぁまぁ。
ベストは12分44秒。去年の夏の走り。今年のベストは13分45秒。

DSC_6848頂上から下って生枝川久保の信号で折り返す。
空はいまいちですが暖かい。
8月の朝の気温。一枚長袖着たけど不必要だった。
夏ジャージのワンピースに上にハザードジャージ。
下はレッグウォーマー。

暑かったな。
こちらの登りは最初ゆっくりから徐々にペースを上げる。
DSC_6850黒い汗が・・・
昨晩白くなった髪を染めた。
洗っても落ち切らないんだね染め粉。

白いハザードジャージにも染め粉が落ちている。


DSC_6849お昼ころから雨になりそうだ。
そんな空です。

白沢峠最高だ。
車も少ないし広いから。

下ってヨット峠へ向かう。

ここでもタイム。
とにかくタイムと心拍数。
STRAVAコース 1.1km 9% 106m
3分35秒 平均時速19.1km/h
下ってサラダパークまでのダラダラ上り。ここはSTRAVAのコースを設置しよう。

ここからアップル街道をゆっくり下って信号からちょっとの登りをアウターで。
また下って木田坂登って終了。
0.9km 6% 53m 平均速度19.9km/h 2分45秒。

後で分析するのだ。また後ほど。いい練習できました。

本日の走行 42.6km
 

ANCHOR 17 『RS6 EPSE 490mm』エッジブルー入荷しました。

今シーズンからプロフォーマットとして投入された『RS6』。アルミフレームながら軽量化に努め
カーボンレーサーと張り合える性能をこの価格で手に入れることができる。

アルミフレームとフロントカーボンフォークが高剛性と軽さに貢献している。

2016_09_27 rs6 01今回のご紹介は『RS6 EPSE』
フレームサイズは490mm。

サイズ構成は430mm、460mm、490mm
520mm、550mm。のバリエーションに富んでいる。

限定車両になりますが今回入荷したのは490mm。他サイズはお早めにお申し付けください。

コンポーネントは105搭載。すべてのパーツが105になります。
よくあるのがごちゃまぜコンポーネント。ANCHORはそんなことはありません。真面目な作りが信条です。

足回りはフルクラムのホイールを搭載しています。

組み立て次第アップします。

ぜひご覧ください。小林自転車店
モデルRS6 EPSE(台数限定モデル)
カラーエッジスタイル ブルー
フレームサイズ430-460-490-520-550mm
フレームPROFORMAT Aluminium A6061 
インテグラルヘッド / Pressfit BB
フロントフォークCarbon Monocoque 
ストレート形状 
スーパーオーバーサイズ
ヘッド小物VP-A66ACK ダイレクトインタイプ 
上1-1/8 下1-1/4
シートピンφ34.9 バンド式
ハンドルバーANCHOR-NITTO M101F φ31.8 430mm:380W /
460-520mm:400W / 
550mm:420W 注)芯幅
ハンドルステムANCHOR Aluminium 430mm:80L /
460-490mm:90L / 520mm:100L / 550mm:110L
サドルANCHOR RACING M-BLACK
シートポストANCHOR Aluminium φ31.6X300L 
オフセット10mm
タイヤBRIDGESTONE EXTENZA RR-2X 700×23C
ホイールFULCRUM RACING SPORT
フロントディレーラーSHIMANO 105 FD-5800 BLACK
直付 SM-AD67(φ34.9 アダプター)
リアディレーラーSHIMANO 105 RD-5800-SS BLACK
スプロケットSHIMANO 105 CS-5800 11S 12-25T
ギアクランクSHIMANO 105 FC-5800 BLACK
50-34T BBシャフト一体構造
430mm:165L / 460-520mm:170L /
550mm:172.5L
ボトムブラケットSHIMANO SM-BB72-41B
チェーンSHIMANO CN-HG601-11
ペダルなし
ブレーキアーチSHIMANO 105 BR-5800 BLACK
ブレーキレバーSHIMANO 105 ST-5800 BLACK
付属品LEDランプ、ベル、リフレクター、 
マニュアルバック
フレーム重量フレームセット 1,920g(490mm)
完成車重量8.4kg(490mm)ペダルなし
 

第6回まえばし赤城山ヒルクライム大会に出場しました。

私のヒルクライムレースでメインイベントである『赤城山ヒルクライム大会』出場しました。
赤城山に限り申し込み勝負があるのだ。そう1時間もしないうちに締め切りになってしまう。
榛名山ヒルクライムは申込みに余裕がある。そう募集人数が多いから参加するのには安心です。

無事申込みが終わったのが5月。そうハルヒル開催前の申し込み。それから4ヶ月。
ハルヒル、枝折峠ヒルクライム、望郷ラインセンチュリーライド(これはヒルクライムレースではない)を
こなして9月を赤城山月間としてさらに強化と思いましたが・・・
台風が多かった9月でした。去年の9月の走行に比べて半分くらいしか乗れていない。
今月は前日まで400km。雨多くて生命線の朝練と休日のロングができなかった。だからってローラーもしない。
まぁどの方も同じ条件。

昨日の夕方から降り始めて夜にはけっこう降ってました。しかし天気予報は良いらしい。
数日前から再発した腰痛は痛み止め注入と飲み薬を飲んで対応する。
起きたのが3時。お餅2個とオレンジジュース。ヴァームのジェル1個とラストスパートに最高と言うジェル1個。

そして痛み止め注入。ベッドから起きるときは痛かったからコレが効いてくるのを祈ろう。
17号を通っていったが遠くにピカピカする赤いライトあり。自走する方二人。
見たことあるジャージ。すごいな自走でヒルクライム。真っ暗な道を走っていました。

グリーンドームに着いたのが5時過ぎ。用意してスタート。まずは手荷物を6時10分までに預ける。
DSC_6824いろいろな知り合いとも合流。
スタート位置。
SHIMANOのワンピース。




DSC_6827ちょっと暗くなっちゃったけど
戸丸くん。
ライバルです(笑)

結果は後ほど。

スタートグループは同じでしたが人数多すぎのグループでした。

7時15分スタート。



DSC_6832DSC_6831坂好きな方々。
私もその一人。

良い天気。こんな空久しぶりだよ。
このグループは1時間半切りたい方も多数。
私の申告タイムが1時間25分だったかな。
まだ1時間25分を割ったこと無く問題のないタイム。
1時間30分を切ったことないけど切りたい方も
多数のグループなのです。真剣そのもの。
頑張りましょう。



DSC_6829スタートの合図はこちらの方々。

スタート後上細井の信号からタイム計測開始。

作戦は緩斜面をとにかく飛ばすのだ。
STRAVAデータでは鳥居まで3.2kmを7分45秒。
悪くはない。
たんばらージャージのKさんが抜いていった。速い。ちょっとの差がかなりの差。
ヒルクライムは平均速度時速0.5kmでずいぶんタイムが変わる。たったの差がすごい差なのだ。
ゼッケン番号のでかい方が後ろから。申告タイムをわざと遅くしている方もいるんですね。

8.9km地点は26分50秒、時速20km。徐々に速度が下がるのが分かる。
ベストより25秒落ち。
姫百合駐車場。14.9km 56分10秒。なかなか。試走より3分速い。

リオパラリンオリンピック出場のタンデムの方も走っていた。
日の丸ジャージが良いね。これを着られる人が羨ましい。

残り6km。このコースは長い。大体のタイムが分かるからところどころあと1時間も漕ぐ・・・
これだけ漕いでまだ30分も漕ぐのか。そんなことを考えながら。しかし1時間半なんてあっという間。

残り2km全開で漕ぐ。途中1時間20分を超えた。また今年も切れなかった。

最後はやせ我慢。

沿道の皆さん応援ありがとう。
心拍数はずっと170オーバー。ときに180。この心拍数見ると試走より高い。
ゆえに頑張っているわけだ。

DSC_6834記録は1時間23分20秒。
去年(2015年)は1時間24分08秒。
ちょっぴりアップしました。
2014年は1時間21分54秒
2013年は1時間21分18秒
2012年は1時間20分42秒。

年齢が上がってもそんなに変わらないタイムが良いね。

下山は時間かかる。

下って戸丸くん。1時間20分台。
自分はまだまだ伸びる。伸びしろはあるのだ。
また継続しましょう。飽きないね自転車。
ANCHOR RS9もちらほら見た。増えていくと嬉しいな。

DSC_6823ころとんキーホルダー増えました。
左から13、14、15、16。
12はどこかにいっちゃった。
歴史を感じる。



本日の走行 58.4km
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

koba_ヒロ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ