自称坂マスターkoba_ヒロの自転車で登らせていただきます

自転車で坂を登る、ただそれだけ、いろんな坂登らせていただきます。 冬はスノーボード、背中にボードかついで山に歩いて登りそして滑る、ただそれだけがたまらなく楽しい。こちらのブログはkoba_ヒロこと小林弘明が綴っています。

2012年11月

闇夜の木田坂と怪しい自動販売機

予定走行距離にあと一歩ですが朝練しなくなってから距離が伸びていない。
最近ローラーも始めてカウントしていますが30分がきつくて(汗)
もちろんカウントはeメーターにカウントされています。現在2012年8200kmほど。

本日は仕事終わってから20分ちょっとローラー、汗だく(^_^;)
その後自転車で帰宅して背負っていたノートパソコンを家に置き20時過ぎに
走り出す。バイパスから木田坂下って薄根川を越えてその先を登る。
2012_11_29 yoruren 01登った先にある怪しい自動販売機。
50円~100円くらいでラインアップ。
しかもお楽しみの札が並ぶ、手書きの札がとっても怪しい・・・




2012_11_29 yoruren 02お楽しみ50円を押してみると出てきたのは
聞いたことないブランドの缶コーヒー。
もちろん熱々。
楽しいね~ドキドキ感が楽しい。
何が出るかな何が出るかなと歌っている自分が笑える。

今来た道を下り橋を渡って木田坂を登る。久しぶりに登った。
今付いているライトがとても明るい。

闇夜の木田坂、怪しい自動販売機にそしてやはり自分もとっても怪しいかも(笑)

VOLTAGE DESIGN

久しぶりのスノーボードの話し。

2012-13シーズンがもうじき始まります。
まずは今月までのいつもの早割シーズン券。
2012_11_27 boad 02奧利根スキー場ナイターシーズン券15,000円を申し込み。
みなかみは吹雪、スキー場には水っぽい雪が降ってました。

先週今シーズン使うブランドの永井たくみ氏から
連絡があり入荷しますと。
本日休日に付き六日町まで引き取りに行って来ました。

関越道、大清水トンネルを越えるとびっくりの大雪・・・・
吹雪でした(汗)
土樽からチェーン規正。ホント驚き。
2012_11_27 boad 01今回のブランドはBURTONではなく
VOLTAGE DESIGN

BURTON以外のボードが初でしかも
初のスプリットボード。
板が半分に割れてテレマークスキーに
なります。
ソールにシールを付けることにより
山を登る。

5月に至仏山でお借りして乗ってきました。
登りは楽でした。もちろんこの時期
パウダーを登るわけではなくハイシーズンが
楽しみであり不安でもあり(笑)

滑りは初めてのボードで最悪の雪の上を
滑ったからあまり良い印象なし。
さて雪が降ったときまずは背中にボードかつがなくて良い。
そしてスノーシューの面積とこのスプリットボードの面積の差。
深い雪を登るのはかなり楽そうです。

このボードの名は『SKIP JACK164』カーボンを貼り付けることにより
従来より700gの軽量に成功したとか。

今シーズンが楽しみです(^_^)

BRIDGESTONE ANCHOR 2013年NEWモデル RFA5 SPORT

BRIDGESTONE ANCHOR
2013年NEWモデル RFA5 SPORT

アルミで目指した最高のロング性能
アルミフレームは軽快な走りとは裏腹に、乗り心地をはじめとする快適性はカーボンに及ばないとも言われてきた。
しかし「RFA5 SPORT」は、アンカーの最新技術を駆使して、カーボンに迫る快適性を実現。
ハイドロフォーミングを駆使して成型されたチューブは全体的に外径を落とし、柔軟性を必要とする部分にアーチ形状を採用。
さらに三角形や楕円、角型など様々な断面形状を駆使して、脚に負担の少ないペダリング感覚と優れた乗り心地を獲得した。
でありながら、アルミの特長とされるシャープな加速感を損なわない剛性バランスを演出している。
1-1/4インチ径のベアリングを装備したテーパーコラム仕様のフルカーボンフォークは、軽量化と振動吸収性、正確なハンドリングを提供。コンポは操作性の良さでビギナーに評判のシマノ・ディアグラを搭載。ここにロングライドを身近に楽しむための1台が完成した。
価格145,000円 当店価格130,500円
ペタルは付いていません、セレクトパーツになります。

このモデルは同じフレームでコンポによって3種類用意されています。
コンポはティアグラを使っています。中間グレードです。EXはセレクトパーツなしですので25,000円差でカラーや
ステム長、そして13モデルからホイールも選択種が増えてフルクライムホイールも登場です。
ビギナーからミドルまで満足できる1台となっています。シングルカラー33種類とロゴ5種類、ワイヤーアウターカラー、
タイヤまでも選べるため自分のみの1台をぜひ完成させてください。
bs 13 anchor rfa5 sport 01NEWカラーレーシングレッド
bs 13 anchor rfa5 sport 02



NEWカラーレーシングブルー

bs 13 anchor rfa5 sport 03



NEWカラーレーシングブラック

bs 13 anchor rfa5 sport 04



レーシングピンク

bs 13 anchor rfa5 sport 05



レーシングスカイ

bs 13 anchor rfa5 sport 06



レーシングライム

bs 13 anchor rfa5 sport 07フルクライムホイール、コンパクトクランク、
アウターワイヤーカラー


bs 13 anchor rfa5 sport 0833カラー

ラスト玉原ヒルクライム

11月13日の話し。
この日は10月に受けた検診の結果を聞きにクリニックへ。
まったく問題なし、結果はこちらへ。
遅い集合11時前でした。田園プラザで集合、お付き合いはKさん。
白沢峠往復してヨット峠へ。
まぁ寒いので久しぶりに寄ったのが『みのや
2012_11_13 tanbara 01食べたのが熱々のきのこ山菜うどん。
ほら、湯気が出て、すっごい旨そうでしょ。
旨かったです(^_^)
天ぷらもいただきました。
抹茶塩でいただくと素材の味が
引き立ちますね。
なんでプロの揚げる天ぷらってサクサクなんでしょうね。

その後玉原の道を登り始める、実は最初からトップまで登るつもりだったけど
まずは強清水の滝までねとか言っちゃって(笑)
2012_11_13 tanbara 02こんな感じでKさん登っていく。











2012_11_13 tanbara 05これは私、koba_ヒロです。
ここで『ホットコーヒーおごるよ』の
必殺技で強清水の滝からトップまで(笑)









2012_11_13 tanbara 04玉原スキー場はただいま休業中。
冬期スキー場は現在準備中でした。

ホットカフェオレのボタン押したら
冷たいのが出てきた(汗)

隣の隣の隣り押したらホットが出てきた。
まったく~~~~(怒)



2012_11_13 tanbara 03上から見ると登って来た道が見える。
この風景を楽しみたくて登るんです。

下りは寒い、とっても寒い。ヨット峠を越えて永井酒造でKさんと別れる。
4時半過ぎの道は暗かった~

この日走行距離 67.1km

白沢峠はWINDY

寒くなった。朝練は最近できない。本日仕事は休み。
本日のお付き合いはKさん。少し遅れるとのことでまずはいつものルートから川場入り。
集合場所の田園プラザを越えて白沢峠トップを目指す。
すこし頬に雨が当たる。調子が良い。田園プラザまで20分を切る。
登り始めも足が軽い。自宅から38分で頂上へ。この1週間たいして乗ってないし
飲み会もあって体重も増えたのにね(笑)

トップから引き返して下るとKさん到着。
開口一番『風が強いからリタイヤしていい~?』『ムムム・・・・』
『まぁ、白沢峠トップまで行かない?せっかくきたんだからさ』でスタート。
風がとっても強い日。ロードって自転車が7kgちょっとで私の体重が
72kgあるから重量配分が高い位置。横風はとっても弱い。
気をつけて登るが登り始めは武尊山方面からの風が凄くてぐらつく。
登っていくと山の陰に入るから楽になるが。

今年最後かな?と思いながら二人で登った、Kさんもずいぶん練習に参加していただきました。

2012_11_20 sirasawa 02子持山、赤城山をみながらもう遅い紅葉を楽しむ。
トップから下山、田園プラザでホットコーヒーと焼きたてのぱんを食べる。
ホッとしますね。残念ながらミート工房はお休みで山賊焼きは食べられなかった。




2012_11_20 sirasawa 03結局2回白沢峠トップまで登ったけど走り足りないのでKさんと別れた後に
もう1本、今度はトップを越えてその先、生枝川久保の信号まで下りまた登り返して
田園プラザへ戻る、寒い、5℃バージョンの上にウインドブレーカーをずっと着てた。
登りは汗かくけど下りはかいた汗が冷たくなる。
結局3回白沢峠登った。


2012_11_20 sirasawa 01
ずいぶん待ち合わせに使わせてもらった
田園プラザ川場。
朝練では時間が早いので寄れませんが。
本日は寄らせていただきました。
9時開店です

帰宅後風呂入った、もうすぐ自転車の季節が終わるな~

本日の走行距離 54.6km
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
プロフィール

koba_ヒロ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ